用品・グッズ

アライヘルメット「ツアークロスV」にグラフィックモデル<トレイル>が登場、5月下旬発売予定

アライヘルメットのマルチパーパスモデル「ツアークロスV」は、オフロードタイプをベースにシールドを装備し、ツーリングにも使える機能性を有したヘルメットです。

そのツアークロスVのグラフィックモデル第二弾として「トレイル」が5月下旬発売予定。
大自然の景色・空気感を味わいながら、のんびりと気軽にトレイル感覚でバイクを走らせるイメージのグラフィックで、イエローとブルーの2色がラインアップされます。

価格は7万9200円で、各色とも54、55-56、57-58、59-60、61-62の5サイズです。

ちなみに……シールドベース下に「Drudi Performance」(ドゥルディ・パフォーマンス)の文字があるのに注目。
ケビン・シュワンツ選手、バレンティーノ・ロッシ選手、マルク・マルケス選手、ジョナサン・レイ選手などのヘルメットも手掛けてきた、イタリアのアルド・ドゥルディ氏によるデザインなのです。

ツアークロスVトレイル(イエロー)
イエローはマット仕上げで、後頭部のディフューザーはマットブラック
ツアークロスVトレイル(ブルー)
ブルーは半透明ブラックのディフューザーを装備

まとめ●モーサイ編集部 写真●アライヘルメット

CONTACT

アライヘルメット TEL:048-641-3825

 

https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【元警察官】が回答!「雪・凍結で車が動かない!とき、車の放置や携帯・スマホの使用は違反になる?」豪雪の今季、自分もハマルかも! SHOWAが2輪用アフターマーケットサス市場に参入!? カワサキ ニンジャZX-25R&Z900RS用の試作品を公開 建物の屋根から落ちた雪が当たって事故が起きた……その責任は誰が負うのか弁護士さんに聞いてみた

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション