用品・グッズ

【クシタニ】の「アメニタジャケット」はカジュアルながら機能満載! マルチに使える本格派だ

[PR] sponsored by クシタニ

すっかりとライディングジャケットの定番となったマウンテンパーカスタイルだが、クシタニの手にかかると、機能性とファッション性が巧みに融合された目を引くデザインとなる。

このアメニタジャケットは生地の切り返し、止水ファスナーや袖のアジャスターなどの機能を視覚化することで、デザインアクセントにした同社の人気モデル。カジュアルな街着スタイルながら、ツーリング中の悪天候にも対応する高性能ライディングジャケットだ。

生地は防水透湿性を有するので、梅雨の走行中に通り雨にあっても慌てずにすむ。しかも着心地が軽いから、さっと羽織れるし、長時間着用でも疲れない。

メッシュ生地ではないが、優れたベンチレーション機能により通気性は抜群。注目したいのは前身頃ファスナーが二重構造になっており、内側のファスナーを使うとメッシュ生地が身頃に露出して走行風を取り入れる機能だ。さらに上腕部と背面にベンチレーションを備えているから、蒸し暑い季節も快適に走れるのだ。

フードは固定式だが、高速走行時のバタつきが気になるなら、束ねておくことができる。肩と肘には通気性に優れる薄型CEプロテクターを、背中にはベンチレーションソフトパッドを標準装備。防護面にも抜かりはない。

K-2419 アメニタジャケット

価格:4万1800円
カラー:ブラウン×ブラック、ネイビー×ブラック、ブラック×グレー、オレンジ×ネイビー
サイズ:M、L、LL、XL
プロテクター:肩、肘、背/胸(オプション)

K-2419 アメニタジャケット
フロントダブルファスナー仕様により、前身頃中央をメッシュにすることができ、ジャケット内に熱気や湿気をこもらせない
フロントポケット内にはウエスト調整用ドローコードを備え、簡単にフィット感を高められる
防水透湿性のある生地に撥水加工し、ちょっとした雨ならば走行も可能となっている。初期耐水圧1万mm、透湿性1万g/㎡ /24hの簡易防水性能を誇る
アジャスト機能はウエスト以外に上腕部と袖口にもあり、高速走行時のバタつきを抑制
固定式フードはストラップを用いて束ねると、ハイカラー仕様となる。襟内側は防臭加工してあり、汗ばみやすい季節の連続着用でも不快感を抑えている
上腕部には止水ファスナーによる吸気口、背面には大きな排気口(面ファスナーでフラップの固定可能)を装備。フロントダブルファスナーと併用すれば、ジャケット内部を常に効率良く換気でき、梅雨から夏場まで快適に着られる

report●山下 剛
photo●岡 拓/小見哲彦
model●山下晃和(TYCOON MODELLING AGENCY)

お問い合わせ

クシタニ
TEL:053-441-2516

https://www.kushitani.co.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CBR600RR ホンダ 2024 【ホンダ新型CBR600RR開発者インタビュー】ホンダが「公道を楽しめる600ccスーパースポーツ」を作り続けるワケ 「燃費70km/L超え」に驚いた! スーパーカブC125で400km走って実燃費を確かめてみた!!【モーサイ燃費調査室】 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰ってきた!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション