用品・グッズ

ネオクラシックフルフェイスの「Glamster」に「ABIDING」が追加! グレー、赤、黄の3色設定で6万1600円

■「Glamster ABIDING」TC-10(GREY/SILVER)

レトロなシェイプにレトロな色使い

ヘルメット製造大手の株式会社SHOEIはネオクラシックフルフェイスヘルメットの「Glamster(グラムスター)」シリーズに、「ABIDING(アバイディング)」をグラフィックモデルとして追加し、発売する。
今や懐かしいものとなった極端に凹凸の少ないシンプルな帽体には、ぐるりと大胆に色の帯が回されている。ちょっとくすんだ黄や赤に黒の縁取りがあるラインはレプリカ隆盛以前のレトロな雰囲気を醸し出している。
ベースモデルの「Glamster」シリーズは、ダックテールシェイプや印象的なデザインのロアエアインテークなどのクラシックスタイルと、新設計フラットシールドCPB-1Vの採用など先進の機能性を両立させているモデル。

「Glamster ABIDING」TC-10(GREY/SILVER)
「Glamster ABIDING」TC-10(GREY/SILVER)
「Glamster ABIDING」TC-3(YELLOW/BLACK)
「Glamster ABIDING」TC-1(RED/BLACK)

○「Glamster  ABIDING」製品概要

価格:61,600円
発売:2024年6月
規格:JIS規格
サイズ:S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
カラー:TC-1(RED/BLACK)、TC-3(YELLOW/BLACK)、TC-10(GREY/SILVER)
構造:AIM(Advanced Integrated Matrix) 強靱なガラス繊維を基に、あらかじめ3次元形状とした有機繊維を複合積層化。高い剛性を確保しながらも軽量化を可能とした、SHOEI独自のシェル構造。
付属品:布袋、ステッカー、防曇シート、チンカーテン、シリコンオイル、防曇シート用ピン

レポート●モーサイ編集部 写真●SHOEI

CONTACT

株式会社SHOEI
https://www.shoei.com/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ミッドランドのバイク通信用アプリ、BTトークがバージョンアップ 心理学者さんが分析!「ナンシーおじさん」はなぜバイクの排気量を聞きたがるのか? クロスカブ50がある生活 ~19歳の専門学校生~

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション