用品・グッズ

【NOCO】は米国生まれのバッテリーブランド!ヘビーデューティなデザインが秀逸 <世界の逸品を研究>

[PR] sponsored by 阿部商会

■「NOCO LITHIUM POWER SPORT BATTERY(ノコ リチウム パワー スポーツ バッテリー)」

NOCO(ノコ)は1914年に米国オハイオ州のクリーブランドで創業。当初はタイヤやバッテリーの販売業者だったが、「NCP2」と呼ばれる世界初のバッテリー腐食防止剤を開発。現在はバッテリー関連の世界的企業に成長し、バッテリー本体、バッテリー充電器、ジャンプスターターなどを生産。デザイン、性能、安全性の全てにおいて独自の基準で開発された革新的な製品で、こだわりのあるライダーの期待に応え続けている。

「NOCO LITHIUM POWER SPORT BATTERY」

そんなNOCOが送り出す注目アイテムが、NOCOリチウムパワースポーツバッテリー(NLP)だ。一般的な鉛(液式)バッテリーと比較して、2倍のパワー、10倍の始動性、5倍の長寿命を実現。さらに重量は約1/3で自然放電による電圧低下も少ない。NLPはデザインも無骨でカッコいい。サイズも豊富だから、あなたのバイクにもきっと適合するはずだ。

ノコのここがスゴい──自信があるから5年保証

NLPは全ての性能で鉛バッテリーを凌駕する。さらに「バッテリー管理システム」を搭載し、一般的なリチウムバッテリーの弱点である温度変化、振動、過充電/過放電などから自身を守り、トラブル解決後は自動復帰。製品への自信の表れとして、何と5年もの保証が付随し、問題があれば交換に応じるという。これは非常に安心感が高く、鉛バッテリーからリチウムイオンバッテリーに初めて交換する人にもお薦めだ。

NLPの「バッテリー管理システム」は内部のリチウム電池セルを常に監視し、トラブル発生時は自動的に電気の流れを切断。衝撃に強い構造も採用
ターミナルも個性的で、3方向から端子へ接続可能。このターミナルを取り外しても接続できる。その造形やゴールドのカラーリングもすばらしい
重量は鉛バッテリーの1/3! NLP14は実測で1.2kg。NLP14と互換性のある鉛バッテリーは約3.2kgだから、2kgも軽い! 交換するだけでバイクの軽量化に貢献するのだ

new item「NOCO BOOST X Series」──パワフルなのに多機能&タフジャンプスターターを選ぶならこれ!

リチウムイオン電池を使ったジャンプスターターが、NOCOのブーストXシリーズだ。クルマやバイクのバッテリーが上がってしまい始動できなくなってしまったときに活躍する。NOCOのブーストシリーズは、コンパクトなエントリーモデルのGBX45でも1250Aのピーク電流を発揮。これは四輪車なら6.5Lクラスのガソリンエンジンを始動させられるパワーだと言えば、どれだけすごいか分かるだろう。また、充電ポートにはUSBタイプCを採用。60W以上を出力可能な充電器を使えば、最大60Wでの急速充電に対応。ほかにも、非常に明るく点灯パターンも選べるLEDライトも備える。タフで強力で多機能。これはまさに無敵のジャンプスターターと呼べるだろう。

GBX45

価格:2万9920円

容量31Whの内臓リチウムイオンバッテリーを搭載したジャンプスターター。ピーク電流は1250Aにアップした。本体サイズは長辺173.4mm×短辺83.15mm×厚さ52.85mmとシリーズ内では最も小振り。重量980g

GBX55

価格:3万9710円

内蔵バッテリー容量は46Wh、ピーク電流は1750AとGBX45より強力。LEDライトはGBX45の100ルーメンに対しGBX55は200ルーメン。本体サイズは長辺195mm×短辺124.4mm×厚さ63.5mm。重量は1.17kg

GBX75

価格:5万7530円

内蔵バッテリー容量は74Wh、ピーク電流は2500A。LEDライトは400ルーメン。サイズは長辺213.4mm×短辺137mm×厚さ64.1mm。重量は1.71kg。サイズは比較的大きめなので、業務用としても使用できる

GBX155

価格:8万5250円

シリーズ最強のパフォーマンスを発揮するモデル。内蔵バッテリー容量は99Wh、ピーク電流は4250A。LEDライトは500ルーメン。本体サイズは長辺305.62.4mm×短辺175mm×厚さ69mm。重量は2.64kg


「NOCO genius BATTERY CHARGER」──一家に1台でトラブル回避

ぜひガレージに1台欲しい高性能なバッテリー充電器。一般的な鉛バッテリーはもちろんリチウムイオンなどにも対応する。バイクに乗らないときにもバッテリーにつないでおくだけで最適な状態を保つ。また、0Vまで電圧が落ちきってしまったバッテリーも充電できる「フォースモード」も搭載する。

NOCO genius5

1万5400円
適合電圧:6V & 12V
最大充電流:5A

NOCO genius10

2万4200円
適合電圧:6V & 12V
最大充電流:10A


モータースポーツへのスポンサーシップも開始

NOCOは2023年と24年の2年契約で、エンデューロの国際大会、ISDE(インターナショナル・シックス・デイズ・エンデューロ)のメインスポンサーを務めている。長時間のハードなオフロード走行時を、NOCOのリチウムイオンバッテリーの信頼性が支えているのだ

レポート●モーサイ編集部 写真●阿部商会

CONTACT

株式会社 阿部商会
https://abeshokai.jp/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「悩まず使える」ことを徹底追求「CARDO FREECOM 4x(カルド フリーコム 4x)」 4案からどれが選ばれた? 秋田犬柄「ご当地ナンバー」県民アンケートで図柄決定!! バイク専用メガネ「DOUBLE O Glasses GEAR」を選ぶ理由「普通のメガネとココが違う」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション