用品・グッズ

ヤマハ トレーサー9 GT+ 「純正アクセサリー」でバイク旅がさらに快適に!

[PR] sponsored by ワイズギア

旅好きライダー絶対注目の純正アクセサリー

ヤマハのスポーツツアラーモデル、トレーサー9GTシリーズは、旅性能を向上させる純正アクセサリーを多数用意する。純正アクセサリーは車両と同時開発だから、フィッティングは完璧。先進安全装備の機能性を損なうこともない。

特に注目したいのが、ボディに取り付けるパフォーマンスダンパーだ。ハイスクリーンやシートヒーターなど分かりやすいアイテムではないが、乗ってみると効果は歴然。ハンドリングや乗り心地がこんなに改善するとは驚きだ。

走っていても気持ちいいし、ロングツーリングの疲労も大幅に減少する。トレーサー9GT+の先進機能と併せて活用すれば、どこまででも走りたくなる快適ツアラーにグレードアップ。ツーリング好きは絶対注目のアイテムだ。

想像以上に走りが変わる!「パフォーマンスダンパー」

2021以降のMT−09/TRACER9にも対応するパフォーマンスダンパー。

価格:3万9600円
■エンジン振動や路面からの入力により、走行中のフレームに発生する微細な変形や振動、共振を減衰。ハンドリングが穏やかになり、直進安定性も向上。より上質な走りで疲労も軽減される。

純正ならではのスマート操作「コンフォートヒートシート/コンフォートシートパッセンジャー」

前席のコンフォートヒートシートと後席のコンフォートシート パッセンジャー。
前席のヒートシートは、車両スイッチ&メーター表示で確認可能なのも純正アクセサリーの利点。

価格:5万2800円/2万900円
■前席のコンフォートヒートシートは、冬にうれしいヒーター機能を内蔵。オン/オフ、10段階の温度調整は車両スイッチ&メーター表示で確認可能。前後とも表皮&ウレタンが長距離旅用に最適化されている。

高速走行での疲労が軽減「ハイスクリーン」

TRACERのロゴがさりげなく入る、ハイスクリーン。

価格:2万9150円
■上半身やヘルメットに当たる走行風を和らげるハイスクリーン。高速道路だけでなく、一般道でも効果的。特に長い距離を走るほど、その恩恵を体感できるだろう。TRACERのロゴ入りだ。

悪天候でも視界確保「LEDフォグライトキット」

LEDフォグライトキット装着には、別売のフォグライトステー(2万4200円)が必要。

価格:6万5450円
■雨や霧など、悪天候時の視認性を高める補助灯。グリーンに光る手元スイッチで、夜間も作動状況が分かりやすい。なお装着には、フォグライトステー(2万4200円)が必要となる。

まとめ●モーサイ編集部 photo●岡 拓

CONTACT

ワイズギア TEL:0570-050814

https://www.ysgear.co.jp/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ショーの詳細発表!! 第46回東京モーターショー2019説明会/定例会長記者会見レポート ホンダCBシリーズに受注期間限定の特別仕様車が登場! 路肩と路側帯の違いとは? それぞれ走行したら違反となるのか?

カテゴリー記事一覧