用品・グッズ

エリミネーターに「ツーリングマルチキャリア」装着でロングツーリングを!スタイルすっきり!積載がっちり!

■【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用 装着イメージ

積みたいときに積みたいだけ積みたいように!

バイク用品の企画・輸入・販売大手の株式会社プロトから、【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用が発売された。

【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用 装着イメージ

エリミネーター/SEは見ただけでわかるとおり、積載については重要視されていない車両。大きな荷を載せようとしてもリヤシートは前後左右に狭く、ぐらついてしまう。また荷を固定しようとしても難しく、リヤシート下からベルトを回すタイプのバッグにほぼ限定されそうだ。

ところが!だ。この「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」を装着しておけば、安定感抜群の積載状態でロングツーリングを楽しめる。取り付け方法はボルトオンで簡単。
可倒式のサイドウイングキャリアを持つことがキモで、横に広げれば60L級の大きなシートバッグをしっかり固定できる。これで大量のグッズを必要とするキャンプにも行ける。遠距離ツーリングも思いのまま。
逆にサイドウイングキャリアを畳んでおけば、こんどはサドルバッグサポートとして使える。車両横にサイドバッグを装備しつつ、上部のベースキャリアにはシートバッグを載せられる。積載の自由度が非常に高いのだ。

そしてもうひとつキャリアの性能で大事なのは「バッグを外したとき」だ。
エリミネーターならば、そのすっきりしたスタイルに魅了されて購入したというオーナーも多いだろう。「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」でサイドウイングキャリア部を畳んでおけば、大きな突起物がない本来のフォルムで、ノーマルのイメージを崩さずに、いつもかっこいいエリミネーターに乗り続けることができるのだ。

【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用 サイドウイングキャリアアップ状態
【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用 サイドウイングキャリア畳み込み状態
【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用 シートバッグ装着イメージ
【profest】「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用 サイドバッグ装着イメージ

◯「ツーリングマルチキャリアコンプリートキット」エリミネーター/SE(2024年型)用製品概要

品番 PF31610
付属品 ベースキャリア、サイドウイングキャリア×2個、ベースキャリア取付キット
製品本体重量 3,040g
材質 スチール、樹脂
メーカー希望小売価格 5万5000円

レポート●モーサイ編集部 写真●プロト

CONTACT

株式会社プロト
https://www.plotonline.com/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

HONDA本気の電動バイク! ビジネスモデルのBENLYと三輪のGYROが東京モーターショーで初公開! 一大ブームを築いた“アメリカンバイク” 250ccモデルは今が狙い目ってホント!?【1980〜90年代 250cc国産マシンヒストリー】 登場から10年【カワサキW800誕生ストーリー】 開発者に聞いた「空冷・クラシックテイストへのこだわり」

カテゴリー記事一覧