用品・グッズ

【大ヒット中】の終末バイク旅漫画・『終末ツーリング』第5巻が、10月26日発売。今回の舞台は草津温泉!

バイク乗りやバイク専門メディアで大きな話題となり発売即重版を記録、現在も大好評連載中のコミック『終末ツーリング』(著:さいとー栄)の第5巻が2023年10月26日に発売される。

【終末ツーリング作品紹介】
箱根、海ほたる、日光いろは坂など、ツーリングの名所を走る1台のオフロードバイク。2人の少女がタンデムでバイク旅を楽しんでいるように見えるが、周囲の景観はひどく荒れ果てていて……。誰もいない終末世界を2人の少女がバイクでトコトコ駆け回る異色のツーリングコミック!
軽井沢から群馬方面へ向かう途中、浅間山の火山ガスを吸ってヨーコが倒れてしまう。そこに現れた謎の少年に助けられ、一行は草津の温泉街に向かうのだが……。

【コミックス情報】
書名:終末ツーリング
著者:さいとー栄(さいとーさかえ)
第5巻発売日:2023年10月26日(電子書籍も同日発売)
定価:本体670円+税
発行:KADOKAWA
月刊コミック誌「電撃マオウ」で連載中/WEBサイト「コミックウォーカー」にて無料配信中

レポート●NANA-KO 写真●KADOKAWA

CONTACT

◆月刊コミック誌「電撃マオウ」
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM01201885010000_68/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

匿名係長 第5回 ドゥカティ1199パニガーレの巻(前編) スーパーカブC125をドレスアップするアルミ削り出しアイテム スズキ グラストラッカー用のシフトポジションインジケーターが登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション