用品・グッズ

【ゴールドウイン】のツーリングバッグを全ラインナップ紹介!新ロゴが付いた新シリーズはいかが!?

■ゴールドウイン製ツーリングバッグ積載イメージ。「ウォーター プルーフ シート バッグ75」と「ウォーター プルーフ サイド バッグ30」の組み合わせ。

日帰りから長距離ツーリングまで多彩なGW製アイテム

ハードタイプのトップケースやパニアケースが普及してきた昨今、防水性や防護性などでその利便性は高いが、ケースを使わないちょい乗りやコミューター的な移動といった普段使いでは、装着用ステーやプレート類の存在が邪魔、外観を損なうと考える人もいるはず。
そこで根強く支持されているのが、ソフトタイプのシートバッグなどだ。利点は特別なステー類を必要とせず、締め付けベルトで車体とバッグ本体を繋いで固定すること。使わないときはバッグと付属ベルトを取り外してしまってバイクの車体を素の状態にできるため、こうしたシートバッグやサイドバッグの需要は確実にあり続ける。
このほどブランド統合などで新たなスタートを切った総合スポーツウエアブランド「ゴールドウイン」では、従来と変わらず製品のアップデートを続けながら高品質なモーターサイクル用ギアをリリースしている。そこで本項では、小さなものから大きなものまで、数々の積載用シートバッグを揃えるゴールドウインの主要製品をご紹介。

携行に便利な日帰りツーリング向けシートバッグ

バーティカル シート バッグ15

商品番号:GB73383/価格:2万900円
材質:ポリエステル100%
サイズ:H17~23×W22×D30cm
容量:12~15L
日帰りツーリングなどで、ちょっとした荷物の収納に便利なシートバッグ。開口部はファスナー式で、バッグ上部に設けたマチにより12Lから15Lへ容量が可変。
耐水素材の600デニールリサイクルポリエステルを使用し、バッテリーやモバイルバッテリー電源を内部に引き込めるケーブルスリットを装備。X型装着ベルト、レインカバーが付属。

バーティカル シート バッグ15
バーティカル シート バッグ15。容量を拡大した状態

バーティカル シート バッグ25

商品番号:GB73384/価格:2万4200円
材質:ポリエステル100%
サイズ:H26~34×W24×D31cm
容量:20~25L
日帰りやショートツーリング向けで、最大25L容量と使い勝手のいいシートバッグ。開口部はファスナー式で、バッグ上部に設けたマチにより+5Lの容量拡張が可能。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステル採用のほか、バッテリーやモバイルバッテリー電源を引き込めるケーブルスリットを装備。X型装着ベルトとレインカバーが付属。

バーティカル シート バッグ25
バーティカル シート バッグ25。容量を5L拡大した状態。

日帰りから泊まりまで可能なスタンダードタイプ

ホライゾンタル シート バッグ35

商品番号:GB73385/価格:2万6950円
材質:ポリエステル100%
サイズ:H23×W42~55×D31cm
容量:28~35L
日帰りツーリングから荷物の少ない1泊2日程度のツーリングにまで対応しそうなシートバッグ。上面と両サイドが開口するため長物や大きな荷物の出し入れがしやすいほか、バッグ両サイドに設けたマチで、容量が+7L拡張可能。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステルを使用し、荷量に関わらずバッグ形状を保てるフレームを内部に搭載。バッテリー、モバイルバッテリー電源引き込み用のケーブルスリットも装備。X型装着ベルト、レインカバー、ショルダーベルトが付属。

ホライゾンタル シート バッグ35
ホライゾンタル シート バッグ35。左右を広げて容量を7L拡大した状態。

ホライゾンタル シート バッグ75

商品番号:GB73386 価格:3万6850円
材質:ポリエステル100%
サイズ:H35×W51〜65×D32cm
容量:50~75L
キャンプツーリングや連泊のツーリングにも対応できる大容量シートバッグ。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステルを採用。バッグ両サイドに設けられたマチを外側に出すことで、通常の50Lから+25L容量を拡大可能。また上面と両サイドのファスナーが開口するため、長物や大きめの荷物の出し入れもしやすい構造。さらにバッテリーやモバイルバッテリー電源を内部に引き込めるケーブルスリットも装備。セッティングベルト、レインカバー、ショルダーベルトが付属。

ホライゾンタル シート バッグ75
ホライゾンタル シート バッグ75。両側を広げて25L容量を拡大した状態。

シートバッグ&リュック兼用タイプ

ポータブル シート バッグ25

商品番号:GB73387 価格:2万6950円
材質:ポリエステル100% 
サイズ:H16×W45×D31cm
容量:22~25L
シートバッグとリュックの両方使いができるバッグ。日帰りツーリング向きの容量で、バイクから降りればバッグ背面に格納されているショルダーストラップを引き出してリュックにもなる。またバッグ上面のマチで+3Lの容量拡張が可能。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステル採用で、上面とサイド片方がファスナーで開口可能。バッテリー&モバイルバッテリー電源用の引き込み用ケーブルスリットも装備。X型装着ベルト、レインカバーが付属。

ポータブル シート バッグ25
ポータブル シート バッグ25。+3L容量を拡大した状態。
ポータブル シート バッグ25。ショルダー状態。

ポータブル シート バッグ45

商品番号:GB73388 価格:2万9150円
材質:ポリエステル100%
サイズ:H25×W50×D31cm
容量:40~45L
バッグ背面に装備の格納式ショルダーベルトでリュックになり、通常はシートバッグとして使うポータブルシートバッグの大容量版。泊まりのツーリングにも対応可能な40L容量で、バッグ上面に設けたマチで+5L容量が拡大。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステル採用のほか、上面と片サイドのファスナー開口で長物、大きめの荷物の出し入れにも配慮。バッテリーやモバイルバッテリー用電源の引き込み用ケーブルスリットも装備。X型装着ベルト、レインカバーが付属。

ポータブル シート バッグ45
ポータブル シート バッグ45。+5L容量が拡大した状態。
ポータブル シート バッグ45。ショルダー状態。

耐水性に優れたサイド&シートバッグ

ウォーター プルーフ サイド バッグ30


商品番号:GB73380 価格:3万9050円
材質:<表地>ポリエステル100%、<裏地>ナイロン100%
サイズ:H27×W40×D14cm
容量:15L×2
車体の両サイドに装着できる片側15L、左右合計30Lの容量を持つ防水仕様のサイドバッグ。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステルを採用し、開口部はロールトップ式となっていて、バッグインバッグのインサート型を採用することで防水性能を持たせている。
また、同品と合わせて別売りのシートバッグも取付け可能。内部は荷物量に左右されることなくバッグ形状を保つベルポーレン板(着脱可能)を搭載。X型装着ベルト、セッティングベルトが付属。

ウォーター プルーフ サイド バッグ30
ウォーター プルーフ サイド バッグ30。

ウォーター プルーフ シート バッグ75

商品番号:GB73382 価格:3万5750円
材質:ポリエステル100%
サイズ:H36×W60×D37cm
容量:75L
ショルダーストラップを付けて持ち運びできる耐水仕様のダッフル型シートバッグで、キャンプや泊まりのロングツーリングに対応の75L大容量サイズ。耐水素材の600デニールリサイクルポリエステル採用のほか、各部の接着を圧着ではなくシームテープを使った防水仕様として後々の修理にも対応。
メイン気室はロールトップ型採用でガマ口型に開き、大きな荷物や長物も収納しやすい設計。内部は型崩れしにくいベルポーレン板(着脱可能)を搭載。ショルダーベルト、セッティングベルトを付属。

ウォーター プルーフ シート バッグ75
ウォーター プルーフ シート バッグ75
ウォーター プルーフ シート バッグ75。サイドバッグ30との組合せも可能。

レポート●モーサイ編集部 写真●ゴールドウイン

CONTACT

ゴールドウイン
TEL:0120-307-560
https://www.goldwin.co.jp/goldwin/motorcycle/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

汎用スキャンツールに対応するKTM車用OBDアダプター バイクメーカー・アプリリアの社名はランチアの名車「アプリリア」が由来だった……らしい。 超人気のCT125・ハンターカブが新エンジンを搭載! 新色マットアーマードシルバーメタリック追加&純正オプションにも注目

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション