用品・グッズ

【ARAI】最新モデル「TOUR-CROSS V(ツアークロス・ブイ)」は、あらゆる道を楽しめる!三刀流のマルチモデルだった

■「TOUR-CROSS V」アルミナシルバー

アライから新型マルチパーパスモデルが登場した。これまでのツアークロス3は登場からすでに10年以上が経過。新登場のツアークロスVは、シェルも内装も快適装備も全てが新しくなり、当然、安全性能も向上している。

触ってみて驚いたのは、まず3つのスタイルチェンジが簡単になったこと。ツアークロス3はシールドもバイザーも片側2本のボルトで止められていたが、ツアークロスVのシールド脱着は工具なし、バイザーは片側1本のボルト固定に簡便化。

試しにアドベンチャースタイルからオフロードスタイルへの変身タイムを計ってみると、ツアークロス3が1分36秒、ツアークロスVは32秒で済んだ! またツアークロスVは、シールド&バイザーの取り付け位置が下に下がっており、滑らかな曲線で設計された帽体の頭部分の面積を広く確保。転倒時の衝撃を「かわす性能」が高められている。

ちなみに、テストしたのは気温36度Cという過酷な状況だったが、走り出してしまえば走行風が内部に入ってきてかなり快適だ。バイザーありで高速道路も走ってみたが、ツアークロス3に比べて走行風で振られるような感覚もかなり減少。長距離ツーリングでの疲労やストレスは大幅に軽減された。ツーリング好きには絶対オススメのヘルメットである!

<製品概要>
価格●ソリッド:6万9300円 グラフィック:7万9200円
サイズ●54、55-56、57-58、59-60、61-62
カラー(ソリッドモデル)●グラスホワイト、グラスブラック、フラットブラック(ツヤ消し)、アルミナシルバー、イーグルグレー
カラー(グラフィックモデル)●ディスカバリー・ブルー、ディスカバリー・レッド、ディスカバリー・ホワイト

グラスホワイト
グラスブラック
フラットブラック(ツヤ消し)
アルミナシルバー
イーグルグレー
ディスカバリー・ブルー
ディスカバリー・ブルー
ディスカバリー・レッド
ディスカバリー・ホワイト

シールド&バイザーの脱着が容易に

ツアークロスVは新開発のVAS-Aシールドシステムを採用。ツアークロス3のシールド&バイザーは片側2本(計4本)のボルトで留められていた。進化したツアークロスVのバイザーは片側1本(計2本)のボルトで脱着でき、シールドは工具不要のワンタッチで取り外し可能だ。

シールド&バイザーの脱着が容易
シールド&バイザーの脱着が容易

バイザーは角度調整が可能で動きもスムーズ。前走車が巻き上げた泥よけとしての機能はもちろん、ツーリング時は日差しを遮りまぶしさを低減。前傾時の視界確保にも効果的。

バイザーは角度調整が可能。アップ状態
バイザーは角度調整が可能。ダウン状態

シールドのゆがみが減少

新型のシールドはツアークロス3の尖った形状よりも、オンロードヘルメットのように滑らかな曲率に。そのため、視界のゆがみは大幅に減少。視界はよりワイドになった。

ツアークロス3の尖ったシールド
ツアークロスVの滑らかな曲率のシールド

多彩なエアロパーツで快適性能が大幅アップ

おでこのロゴマークは大容量エアダクトになっていて、どんな乗車姿勢でも最適な走行風の流入を確保。口元のマウスシャッターは開口部面積がツアークロス3と比べて200%アップ。くもり止めモードもある。後部のARスポイラーは内部の熱気を強力に排出。空気の流れを整え、高速移動での疲労軽減にも役立つ。新形状のバイザーは高速走行時に風抜けの良い形状で、ブレも少ない。

フロントロゴダクト
TX-Vマウスシャッター
ARスポイラー
TX-Vバイザー

バイクや用途に合わせて3変化!

アドベンチャースタイル

バイザー&シールドを装着したスタイル。アドベンチャーバイクによく似合い、ロングツーリングにも最適。空力性能が向上したバイザーで高速移動もさらに快適になった。

アドベンチャースタイル
アドベンチャースタイル

オフロードスタイル

バイザーあり、シールドなしで、ゴーグルの使用を想定。おでこのフロントロゴベンチレーションにより開口部が拡大したため、ゴーグルとヘルメットの干渉を低減できている。

オフロードスタイル
オフロードスタイル

オンロードスタイル

バイザーなし、シールドありでオンロード車や街乗りなどに最適。ツアークロス3で必要だったオプションパーツも不要。全体的に丸みを帯びたため、このスタイルでも自然だ。

オンロードスタイル
オンロードスタイル

レポート●太田力也 撮影●山内潤也/アライヘルメット

CONTACT

株式会社アライヘルメット
https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

大排気量天国アメリカ生まれの8200ccバイク! 日本にも少数輸入された「ビッグカノン」の姿に仰天する クシタニに訊く 「KUSHITANIグローブ&フットウエア ベストチョイスの秘訣」 寒い冬を快適に走るコミネの電熱インナー

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション