用品・グッズ

アライヘルメット「ツアークロスV」にグラフィックモデル<ディスカバリー>が登場、9月中旬発売予定

アライ ツアークロスV ディスカバリー

アライヘルメット・ツアークロスV初のグラフィックモデル

アライヘルメットのマルチパーパスモデル「ツアークロス」シリーズは、オフロードタイプをベースにシールドを装備し、ツーリングにも使える機能性を有したヘルメット。
2023年7月に新発売となった「ツアークロスV」は、従来型「ツアークロス3」から約10年ぶりのモデルチェンジで、帽体、シールドシステム、ベンチレーションシステムを全て刷新! 安全性や快適性、使い勝手の良さが大幅に高められました。
(ちなみに「ツアークロス・ファイブ」ではなく、「ツアークロス・ブイ」が正式名称です)

さて、その「ツアークロスV」で初のグラフィックモデルとなる「ディスカバリー」が2023年9月中旬に発売予定です。
「好奇心や冒険心を思い出し、ワクワクの炎を心に灯す」というコンセプトのグラフィックで、ホワイト、レッド、ブルーの3色をラインアップ。
サイズは54、55-56、57-58、59-60、61-62の5サイズの設定で、色、サイズ問わず、いずれも価格は7万9200円です。

ツアークロスVディスカバリー・ブルー

製品名としては「ブルー」となりますが、ホワイトとブラックの切り替えに、レッドの差し色も入り、鮮やかなイメージです。

ツアークロスVディスカバリー・ホワイト

「ホワイト」は、ホワイトを基調にブラックとグレーのモノトーンにまとめられています。

ツアークロスVディスカバリー・レッド

「レッド」もホワイトとブラックの切り替えがありますが、「ブルー」より落ち着いた雰囲気。

まとめ●モーサイ編集部 写真●アライヘルメット

CONTACT

アライヘルメット TEL:048-641-3825

 

https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

30歳以下、初心者対象、これからバイクを買う予定の人もOK!「U30スズキセイフティスクール」とは? バイク乗り専用設計「ライダーウォッチ」普通の腕時計と何が違う? “オレンジフェリー”で快適バイク旅! 愛媛・高知の最旬スポット巡り

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション