用品・グッズ

【alpinestars】のレザー製ライディンググローブ3種が発売! 上質で快適、カジュアルで高い安全性! 「BRASS GLOVE」ほか

■「BRASS GLOVE(ブラス グローブ)」ブラック

レーシングスーツからジャケット、ブーツ、グローブまで、ライディング用ウエアで息長く支持を集める伊アルパインスターズから、3種のレザー(皮革)製ライディンググローブ「RAYBURN v2 LEATHER GLOVE」「SMX-1 DRYSTAR GLOVE」「BRASS GLOVE」が新発売。
スポーツランからレトロフィットまで、各スタイルに向くラインアップが用意され、8月上旬から発売開始となる。

「RAYBURN v2 LEATHER GLOVE(レイバーンv2レザーグローブ)」

「ヘリテージスタイルとテクノロジーの融合」をねらい、快適性とライディングパフォーマンスを両立させたレイバーンv2グローブは、プレミアムレザー構造により使い込むほどに手に馴染み、味わいが出る本革仕様。
カジュアルな外観ながら、ハードインナーナックルプロテクターを内蔵し、サイドには革の補強を加えるなど安全面にも配慮した仕様。また人間工学に基づいてアコーディオンストレッチパネルを甲部と指部分に配置し、操作性の向上も考えられている。
甲側袖口部サイドには着脱のしやすいファスナーを設け、指先部はスマホのタッチスクリーンに対応するなど、利便性も高めている。

○価格:1万7380円

○カラー:タバコブラウン、ブラック

○サイズ:S、M、L、XL、2XL

「RAYBURN v2 LEATHER GLOVE」タバコブラウン
「RAYBURN v2 LEATHER GLOVE」タバコブラウン
「RAYBURN v2 LEATHER GLOVE」ブラック
「RAYBURN v2 LEATHER GLOVE」ブラック

「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE(SMX-1 ドライスターグローブ)」

「本革ベースのオールウェザー透湿防水モデル」としてラインアップされたモデル。

DRYSTAR®(ドライスター)とは、アルパインスターズが開発した防水メンブレン技術のこと。同ブランドの様々な製品に使用されており、雨や湿気といった外部からの水分を防ぎながら、透湿性を保って身体をドライで快適に保つ機能だ。

そのほか同モデルの特徴は、グリップ時の拳骨(げんこつ)形状に沿って成型された新開発カーボン製オーバーインクジェットGPナックルプロテクターの採用。

人間工学に基づき設計されたストレッチインサートとの相乗効果で、自然なフィット感と高い操作性を実現したスポーツ仕様となっている。
加えて、薬指と小指を繋ぐフィンガーブリッジが、力の弱い小指の転倒時の損傷を軽減。また、指先はスマホのタッチスクリーンに対応。

○価格:2万0746円

○カラー:ブラックホワイト、ブラックレッドフルオ、ブラックブラック

○サイズ:S、M、L、XL、2XL

「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE」ブラックホワイト
「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE」ブラックホワイト
「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE」ブラックレッドフルオ
「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE」ブラックレッドフルオ
「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE」ブラックブラック
「SMX-1 DRYSTAR® GLOVE」ブラックブラック

「BRASS GLOVE(ブラス グローブ)」

柔らかく滑らかな質感のNAPPAレザー製フルレザーモデルは、レトロな外観が特徴。
ビンテージ系やネオクラシック系モデルに似合う外観を持ちつつ、快適性とパフォーマンスを両立するプレミアムレザー構造で、使い込むほどに手に馴染み味が出る本革仕様だ。優れた耐久性もピックアップポイント。
ソフトインナーナックルプロテクターを内蔵。人間工学に基づきアコーディオンストレッチパネルを指部に採用して操作性向上にも配慮。指先部はスマホのタッチスクリーンに対応。

○価格:1万5180円

○カラー:ブラック

○サイズ:S、M、L、XL、2XL

「BRASS GLOVE」ブラック
「BRASS GLOVE」ブラック

レポート●モーサイ編集部 写真●岡田商事

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【KUSHITANI 】から新たな「革小物コレクション」!限定4店舗で販売中だ! 二人乗りデートは諦めろ!? バイク女子でも「タンデムシートに乗るのはキライ」の謎 セロー 225 1985 1KH 国民的オフロード車【ヤマハ セロー225】が誕生するまで「1985年最初期モデル<1KH>詳細解説」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション