用品・グッズ

【クシタニ】✕【アルパインスターズ】のコラボブーツ第2弾、「SUPERTECH R2 ✕ ProtoCore Leather Model」に注目!

■「SUPERTECH R2 × ProtoCore Leather Model」ホワイト

夢のコラボ「気分はトップライダー!」

ロードレース世界選手権の場において現代まで数々のトップライダーたちに愛用され、その実績を元に開発を重ねられてきたアルパインスターズを代表するレーシングブーツ 「SUPERTECH-R BOOT」。
組み合わされるのは、クシタニがレーシングスーツのために開発した「プロトコアレザー」。しなやかに身体に馴染み、高い運動性を誇り、汗をはじめとする水分に強いという特性から、数々のレジェンドライダーにまで愛されてきたレザーだ。
レースシーンにおいて常に最高峰を目指す両社の情熱が合致し、コラボレーションにより「SUPERTECH R2 × ProtoCore Leather Model」が誕生した。

プロトコアレザーを採用することでより柔軟性に富み、使い込むほどに足に馴染む。レーシングスーツと同じ革を使用し、それぞれ単色のオリジナルカラーとすることで見た目にもレーシングスーツとの相性良く仕上げてある。
レザーにパンチング加工を施すことでより風を通し、ブーツ内部を快適に保つ。別体式のインナーブーツ、脛のTPUプロテクター、つま先のTPU/アルミニウムトゥースライダーなど、運動性とプロテクション性を両立させた仕様はアルパインスターズ社既製品と同様だ。

各所にはダブルネームデザインを施し、楽しめるデザインとなっている。

「SUPERTECH R2 × ProtoCore Leather Model」ブラック
「SUPERTECH R2 × ProtoCore Leather Model」ブルー
「SUPERTECH R2 × ProtoCore Leather Model」レッド

製品概要

●素材:〈表〉熱可塑性ポリウレタン、ホルス牛革(フッ素加工)
    〈インナーブーティー〉ポリエステル100%(メッシュ)
●カラー:①ブラック②ホワイト③レッド④ブルー
●サイズ:39、40、41、42、43、44、45
*仕上がり高さ(サイズ43の場合):約27cm
●価格:8万300円

レポート●NANA-KO 写真●クシタニ

CONTACT

株式会社クシタニ 商品ウェブサイト
https://www.kushitani.co.jp/products/7701.html

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【うん、そうだよね】カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」「Ninja ZX-25R SE」が第5回 日本バイクオブザイヤー2022部門別最優秀金賞を受賞 「YZF-R7 ABS」に白が追加!ホイールほか一部のみ「朱色」なのがセンスよし!同色だけでまとめている継続色モデルとは違うのだ 映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GPZ900R」とはどんなバイクだったのか? 【始まりのA1編】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション