用品・グッズ

「トリスケリオン」と「TT」が頭頂部に! マン島TT開催に合わせ【アライ】「RX-7X IOM-TT23」が5月22日まで受注中

■アライヘルメット「RX-7X IOM-TT23」

「RX-7X IOM-TT」は、マン島TTモデルとして毎年、アライヘルメット・テクニカルプロショップにて限定販売しているグラフィックモデル。その最新2023年版が発表された。ベースとなっているのは、アライのフラッグシップ「RX-7X」なので、機能・性能的には最高峰。
販売方法が特別で、同社の「テクニカルプロショップ」店頭にて採寸の後に注文を受け付けている。
生産数が限られているモデルであり、今年は5月22日までで注文が締め切られる。
発売は8月上旬を予定。

アライヘルメット「RX-7X IOM-TT23」

<製品概要>
テクニカルプロショップ限定モデル
RX-7X Isle of ManTT「SPIRITS」
モデル名:RX-7X IOM-TT23
メーカー希望小売価格:80,300円
注文締め切り日:2023年5月22日(月)

アライヘルメット「テクニカルプロショップ」について

アライヘルメットの「テクニカルプロショップ」とは、同社の開催する「ヘルメット講習会」及び「アライヘルメット特別技術講習」を受講修了した専門ショップのこと。全国に67店舗だけの展開だ。
ヘルメット講習会修了店のサービスに加え、以下のようにプロショップ独自のサービスを実施している。

■ヘルメット内装のフィッティングカスタマイズサービス
システム内装/パッドの交換、メガネを使用するお客様向けの調整など、フィッテイングカスタマイズサービスを行う。
■店頭でのパーツ修理、相談
フルフェイスモデルのマウスシャッター/センターパッド/エアロフラップ、サイドダクトの交換修理、ディフューザーモデルの交換・貼り直し修理など、プロショップ以外ではメーカー修理となる部品の修理交換が可能。

レポート●NANA-KO 写真●アライヘルメット

CONTACT

株式会社アライヘルメット
https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

 

アライヘルメット「テクニカルプロショップ」
https://www.arai.co.jp/jpn/topics/shoplist/proshop.html

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CL72 プロトタイプ 1961 モーターショー 自動車ショー ホンダ CL72【1962年新車時試乗レポート】国産車初のスクランブラーはホンダCLだった「バッタのように走れ、競技にも使える」 いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスーパースポーツ、KTM 1190 RC8を解説! 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第8話:不憫なレプリカ時代の象徴? ZXR250君

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション