用品・グッズ

至高のレースヘルメットSHOEI「X-Fifteen」にマルケス選手レプリカが登場

[PR] sponsored post

SHOEI X-Fifteen MARQUEZ 7

価格:9万2400円
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL

大人気となったX-Fourteen(X-フォーティーン)に代わるフラッグシップレーシングフルフェイスとして、今年1月に販売開始となったのがX-Fifteen(X-フィフティーン)だ。

この最新作は、自社大型風洞設備での検証により、350km/h超でも安定した空力性能を発揮する新設計のエアロフォルムやリヤスタビライザーを設計。これによって、走行時に帽体が浮き上がろうとする力は先代比1.6%減、前方から押し付けられる力は6.1%減となった。

内部のエアルートは1.5倍以上も溝が深くなり、リヤスタビライザートンネル部への排気ホール追加などで、換気性能もさらに向上。アイポートの位置を5mm上方に移動し、より広い上方視界も確保された。さらに、水分補給用のハイドレーションシステムを簡単に装着できる構造を採用するなど、新技術が多数盛り込まれている。

このX-フィフティーンは、ロードレースの世界最高峰となる昨年のMotoGPで、ホンダファクトリーチームのマルク・マルケス(Marc Márquez)選手がプロトタイプを実戦使用してきたことでも注目を集めた。そしてこの4月には、マルケス選手のレプリカグラフィックをまとう「MARQUEZ 7」(マルケス7)が販売開始。サイドの青地部分には薄く、後頭部には大きく、マルケス選手のゼッケンである「93」が配されている

空力特性を高めるリヤスタビライザーは、左右がシェルから少し浮き上がっている。この隙間に走行風を呼び込み後方へ流すことで、空気の流れを制御して安定性を高める特許技術が新採用されている
頭頂部の“稜線”も空力を高める要素だ
シールドは、窓ゴムとの密着性や走行時の静粛性をさらに向上させることを目的に、センターロック構造に刷新。スライド式のレーシングシールドロック機構も搭載した、2段階ロック方式だ
シールドベース部には新たに、シールド脱着時に使うレバーを固定できるトリガーロック機構(赤色)を搭載。転倒時のシールド脱落抑止につながる
内装は、フロント/トップ/リヤ/左右サイド/ネックの6分割式センターパッドがさらに進化。フロント/サイド/リヤは外側の1層が剥離可能で、部分的にフィッティングを緩く調整できる。チークパッドの被り角度を2段階から選択可能なシステムを継承

report●田宮 徹 photo●SHOEI/ホンダ

CONTACT

SHOEI

TEL:03-5688-5180

https://www.shoei.com/

 

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

フランスのバイクウエアブランド IXONが秋冬向けライディングジャケット「ソーホーA」と「ブリクストンA」を販売開始 CRF250L <S> 新型CRF250L&CRF250ラリー試乗【エンジン編】「ラリーは250ccクラス最強ツーリングバイクの筆頭候補」 自動車税はバーコード決済で払えばおトク?! 知らないと逆に手間が増える「スマホ決済ならでは」の落とし穴とは?

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション