用品・グッズ

炎をバッグに着けた! 【ENDURISTAN】「トルネード2ドラムバッグ・ブリザードサドルバッグ FIREエディション」を【JAPEX】が発売!

株式会社ジャペックスはスイスの防水バッグメーカー「ENDURISTAN(エンデュリスタン)」より、「トルネード2ドラムバッグ」と「ブリザードサドルバッグ」の「FIRE エディション」を発売すると発表。

「FIREエディション」は火をイメージしたレトロなグラフィックが入った限定モデル。ヨーロッパでは発売後、大きな反響を呼んだ。通常モデルとの違いはグラフィック部分のみで、サイズや機能は通常モデルと同じとなっている。

トルネード2ドラムバッグFIREエディション

トルネード2ドラムバッグはリアシート、キャリアに載せて荷物を積載することができる完全防水防塵ドラムバッグ。本格的なエンデューロライドにも対応した、摩擦と引き裂きに強い3層構造の生地を使用。縫い目のない溶着構造。ロールトップで故障が少なく、開け締めが簡単。

■価格:11,550円
■スペック
サイズ:Mサイズ
※トルネード2ドラムバッグFIREエディションの展開サイズはMサイズのみ
容量:32L
寸法:53×27cm
重量:約1.5kg

トルネード2ドラムバッグFIREエディション
トルネード2ドラムバッグFIREエディション

ブリザードサドルバッグFIREエディション

ブリザードサドルバッグFIREエディションはオフロードバイク、アドベンチャーバイク専用の完全防水防塵サドルバッグ。パニアバッグのようにフレームやキャリアなどは必要なく、リアフェンダーに加工なしで取り付けが可能。本体が軽量であることも、オフロード走行に適している。
車種によってはバックがマフラーに接触してしまうので、その場合は別売りのアルミ製ヒートガード(インフェルノ ヒートシールド 4,400円)を使用する。

■価格:42,900円
■スペック
サイズ:Lサイズ 
※ブリザードサドルバッグFIREエディションの展開サイズはLサイズのみ
容量:12L×2
寸法:全長39cm×高さ35cm×横幅18cm(片側)
重量:1.97kg(両側)
付属品:取り付けベルト1本

ブリザードサドルバッグFIREエディション
ブリザードサドルバッグFIREエディション

■エンデュリスタンとは?

2008年にスイスで設立された、オフロードバイクやアドベンチャーバイク専用のバッグメーカー。アドベンチャーツーリングを生きがいとする3人のスイス人が市場に販売されているバッグに満足できず、自らオリジナルバッグの開発をスタート。製品コンセプトはいたってシンプル「防水、防塵で頑丈」なこと。彼らの経験に基づいた機能性と細部までこだわった造り込みにより、質の良いバッグがラインナップされている。

レポート●NANA-KO 写真●ジャペックス

CONTACT

株式会社ジャペックス
https://www.japex.net/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

トライアンフ タイガー1200に砂漠越えのアドベンチャーをイメージさせる「デザートスペシャルエディション」が登場 フルモデルチェンジした「BMW S1000XR」が日本上陸! 4月27日に販売開始 ベテランもビギナーも! YAMAHA250ロードスポーツに絶対乗るべき3つの理由

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事