用品・グッズ

人間工学に基づいた設計で快適なライディングをサポートするダイネーゼ「イグナイトエアテックスジャケット」

胸と背中の上部、両脇と腕の内側にメッシュ素材、そのほかの部位をストレッチ性のあるポリエステル生地とすることで、安全性と夏の快適性を両立したハーフメッシュジャケットが、ダイネーゼのイグナイトエアテックスジャケット。

従来からラインアップされるイグナイトテックスジャケットはパーカだったが、こちらはフードのないシンプルなデザインを採用。中でもこのカモフラ柄はカジュアルさと重厚さを併せ持つ本誌お薦めカラーだ。

人間工学に基づいた設計により非常に動きやすいのも特筆すべき点。標準装備されるプロアーマープロテクターも、柔軟な素材のメッシュ構造を採用して動きやすさに貢献する。このジャケットには、暑い夏でもライディングに集中できる環境が揃っているのだ。

イグナイトエアテックスジャケット

カラー:カモグレー×ブラック×フルオレッド

価格:3万9600円
カラー:カモグレー×ブラック×フルオレッド、ブラック×ブラック×グレーリフレックス、オーセティカインセンス×ブラック×インセンス
サイズ:44 〜62
プロテクター:肩、肘/背、胸(オプション)

肩と肘にはプロアーマープロテクターを標準装備。メッシュタイプながらCE規格をクリアし、柔軟性にも優れるためライディングの邪魔をしない。バックプロテクター用とプロアーマーチェストプロテクター2pcs用のポケットも装備する。
ライディングパンツと接続できるファスニングシステムを採用。背中側の裾中央部に設けられた連結ループをパンツのベルトループとつなげることで、ショート丈ながら前傾姿勢の強いバイクに乗ってもジャケットがずり上がらず、高いフィット感が得られる。

COLOR VARIATION

オーセティカインセンス×ブラック×インセンス
ブラック×ブラック×グレーリフレックス

RECOMMEND SHOES

メトラクティブ D-WP シューズ

カラー:ブラウン×ナチュラルラバー

価格:4万5100円
カラー:ブラウン×ナチュラルラバー、スモークグリーン×ホワイト、ブラック×ホワイト
サイズ:39〜47

防水メンブレンD-WPを使ったカジュアルなレザーシューズ。アッパーには上質かつ耐久性の高いフルグレインレザーを採用し、脱ぎ履きしやすいサイドジッパーも備わる。

report●モーターサイクリスト編集部 photo●岡 拓/ユーロギア

お問い合わせ

ユーロギア
TEL:03-3527-3686

https://eurogear.jp/

 

ダイネーゼジャパン

https://www.dainesejapan.com/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

マルク・マルケス選手も注目!ホンダ新型CBR250RRがMotoGP日本グランプリ・ホンダブースに先行展示 新型1290スーパーデュークRがミラノショーに登場 スマホケースがホルダーになる、クアッドロックにステムマウントとUSBチャージャーが登場

カテゴリー記事一覧