用品・グッズ

【岡田商事】からバイク用Bluetoothインカム「cardo」の新商品PACKTALK NEO(パックトークネオ)が発売開始!ケーブルなしで本体アップデート

岡田商事株式会社は世界70ヶ国以上でバイク用インカムを販売しているカルドより、PACKTALKシリーズの新モデルとして、旧シリーズからさらなる機能強化を図った“PACKTALK NEO(パックトークネオ)を2023年4月7日より発売する。

第2世代DMC(メッシュ通信システム)が装備されており、さらにスリムな新モダンデザインに進化。新たに内蔵型アンテナの採用やケーブルをつながずアプリを使用して本体のアップデートが可能となった「いつでもアップデート」、最新Bluetooth5.2チップを搭載してよりクリアな通話やペアリング時間の大幅短縮を実現など、他の追随を許さない圧倒的な性能となっている。JBLスピーカー、ワイヤーマイク・アームマイク2種類も同梱されており、使用シーンに合わせた好みの使い方ができる。

販売開始日:2023年4月7日(金)より
      2023年3月24日(金)よりカルドショップ店先行発売開始
製品名:PACKTALK NEO(パックトークネオ)
希望小売価格:55,900円

■機能
●サウンドの改善
・マイクのノイズフィルターの改善
・JBLスピーカーのパフォーマンス改善
・JBLサウンドプロファイルの変更による音楽音質の向上
●急速充電
・20分の充電で2時間の通話が可能
●最新のBluetooth5.2チップ
・よりクリアな通話、ペアリング時間の大幅短縮を実現
●他社インカムおよびcardo同士のBluetooth接続の向上
・Bluetoothのペアリングと接続の高速化
・ライブインターコム(自動再接続搭載)による簡単・便利な接続
●いつでもアップデート
・二輪インカム業界初、ケーブルをつながずアプリを使用して本体のアップデートが可能
●USBタイプC
・次世代コネクタ(USB3.1)を採用

レポート●NANA-KO 写真●岡田商事

CONTACT

岡田商事株式会社
http://cardosystems.jp/product/packtalk-neo/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CBR400Rの2020年モデルはCBR1000RR-Rと共通の”CBR”ロゴを採用 なんじゃこりゃ!? 熱い情熱と試行錯誤と時代の流れが生んだ“ヘン”なバイクたち BMW GS40周年記念車なのに、元ネタは1987年登場「R100GS」が選ばれた意味を考える

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション