用品・グッズ

【elf】はカワサキとのコラボモデル「Kawasaki × elf Synthese 16」を中心に、人気モデル新色をずらり![大阪モーターサイクルショー2023]から

■Kawasaki × elf Synthese 16
ローカットライディングシューズの新定番EL016をベースに特別な配色を纏ったカワサキとのコラボレーションモデル。サイドガード部に「Ninja」ロゴを配置。カワサキのディーラーであるカワサキプラザで購入できる。
○価格 2万350円
○カラー ブラック
○サイズ 25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0cm
○素材
・アッパー 人工皮革(Clarino)+合成皮革
・ソール 合成底(ラバー+EVA)(防滑・耐油配合)【EEE相当】

数字は17まで進んでいるけど、各ナンバーにはそれぞれの個性が!

「elf」シューズについては、すでに揺るぎない信頼がライダー間にあると思う。「elf」にするかどうかではなく、どの「elf」にするかを悩む人もいるだろう。シンテーゼシリーズのELO01の登場は1995年のことだった。世代を進めて、ELO16は2018年、派生モデルのELS17は2021年にデビューしている。「重い」「硬い」「暗い」というバイク用ブーツにありがちなイメージの逆をいくコンセプトによる製品は、がっちりライダーのニーズをつかんできたし、これからも離さない。
大阪モーターショーには、2023年の新色がずらり。しかも、カラーが新しくなっただけでなく、じつは素材も少し変更しているものもあるのだとか。2023年もツーリングシーズンに突入。新しいシューズで走りだそう!

右からELO16、EXA11、ELO15。いずれも販売予定の新色。

■ELO16
日本製人工皮革Clarinoに通気孔を設ける事でムレを軽減している。反射光が見る角度によって紫から緑紫に変化する特殊な反射素材を側面と踵部に採用。締め上げは簡便なBOAフィットシステム。クッション性、通気性、抗菌性、耐久性に優れたインソールは、足裏にフィットする立体構造で快適な歩行、ライディングをサポート。耐久性が必要な部分にはTPU素材を使い、プロテクション機能も十分。新色グレー(写真右)の発売時期は、2023年5月末を予定。
○価格 1万8700円
○カラー グレー、ブラック/ホワイト、レッド、ブルー、ブラック、ホワイト、グリーン
○サイズ 23.0、23.5、24.0、24.5、25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0cm(グリーンカラーモデル 25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0cm)
○素材 
・アッパー 人工皮革(Clarino)+合成皮革
・ソール 合成底(ラバー+EVA)(防滑・耐油配合)【EEE相当】

■EXA11
バイク(二輪)とクルマ(四輪)をどちらも楽しむというコンセプトのシューズ。ひとことでいうと“ドライディングシューズ” ……ごめんなさいへんなこと言いましたスルーしてくださいもうしません……。そのため、爪先甲部にチェンジパッドを装備しながらも、ヒール&サイドを巻き上げラバーとしてクルマを運転しやすくしている。締め上げはシューレースストッパーを用いてスピーディーなものとし、余った紐は絡まないようベルトストッパーの面ファスナーに固定して安全。
新色グレー(写真中央)の発売時期は、2023年6月末を予定。
○価格 1万4300円
○カラー グレー、ホワイト/ブラック、ブラック、レッド
○サイズ 23.0、24.0、25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、28.0cm
○素材 
・アッパー 人工皮革(Clarino)+合成皮革+合成樹脂+ナイロン
・ソール E.V.A.コンプレッション(内蔵)+ラバー(防滑・耐油配合)【EEE相当】

■ELO15
通気性と基本性能を高めたスタンダードモデル。通気性の良いメッシュ素材で蒸れを防ぐ。ストラップ側での微調整に加え、レバー側、バックルベースも各2段階の調整が可能。素早い脱着に対応する。
新色ブラック/レッド(写真左)の発売時期は2023年4月末を予定。
○価格 1万9800円
○カラー ブラック/レッド、ブラック
○サイズ 24.0、24.5、25.0、25.5、26.0、26.5、27.0、27.5、28.0cm
○素材 
・アッパー 合成皮革+ポリエステル
・ソール 合成底(ラバー+EVA)(防滑・耐油配合)【EEE相当】

「elf」ブランドではアパレルが豊富。首から下は前部そろう。いずれもライダーとライディングを熟慮しての製品。こちらは「フラッグシップ」の取り扱い。
ブースの雰囲気を盛り上げる展示車両+ライディングウエアを着込んだマネキンくん。足がうまく曲がらなかったようですが、うまく載せたものですね!

レポート&撮影●モーサイ編集部


<<<モーターサイクルショー関連記事>>>

CONTACT

○広島化成株式会社(シューズ製品について)
https://www.elf-footwear.jp/

○カワサキコラボモデルおよびグリーンカラーモデルの「販売についての問い合わせ先」
カワサキモータースジャパンお客様相談室
フリーコール 0120-400819
購入は全国のカワサキプラザ
https://www.kawasaki-plaza.net/

○カワサキコラボモデルおよびグリーンカラーモデルの「製品に関する問い合わせ先」
広島化成 TEL 084-922-7206

○シューズ以外の製品の問い合わせ先
https://flag-ship.co.jp/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

MVアグスタジャパンが新生イタルジェット・ドラッグスターの販売をスタート! PCX 4代目 160 新型=4代目ホンダ PCX「開発者インタビュー&新旧モデル徹底比較」〜車体編〜 広告にソフィア・ローレンを起用!「ホンダ ロードパル(1976)」はファミリーバイクブームを巻き起こした立役者……【昭和原付の記憶帳 1】

カテゴリー記事一覧