用品・グッズ

【サイン・ハウス】の「B+COM TALK」は3人通話できるお手頃インカム。価格は2万円台?

サイン・ハウスはベーシックモデルのインカム「B+COM TALK」を大阪モーターサイクルショー2023にて発表した。

ベーシックモデルとして安価に抑えられつつも、機能は必要十分。具体的には、3人通話、音楽再生、スマートフォン音声認識などが可能だ。ソロツーリング、タンデムでの利用にも便利そう!

デザインは歴代の「B+COM」シリーズに準じたもので、馴染みやすい。しかし、本体後方のボタンはジョグダイヤル式ではなく普通のボタンとなり、代わりに本体メインパネルがもうひとつのボタンとなっている(本体のB+COMと書かれた部分)。上下2つのボタンは「B+COM」シリーズ共通だ。

価格は、インカムのスタンダードモデル「B+COM ONE」の3万1900円と、音楽再生や通話に機能を絞った「B+COM PLAY」の1万2980円の間くらい、つまり2万円台となるとのこと! いつものツーリングメンバーが2〜3人という人に最適なお手頃インカム。サブのヘルメットにもインカムを装着したままにしたいという人にもぴったりの新製品だ。


○通話可能人数:3人
○同梱:
フルフェイス用ワイヤーマイク/ジェットヘルメット
システムヘルメット用ハイブリッドアームマイ
○発売予定:2023年夏


サイン・ハウスのブースで見つけた、そのほかの注目アイテム!

発表したばかりのフラッグシップ「B+COM SB6XR」も展示。高音質と24時間使える大容量バッテリーが魅力。シングルユニット:4万4000円
スマホ連携で音楽再生や通話ができる「B+COM PLAY」を購入すると、スマホのナビアプリ「ナビタイム ツーリングサポ—ター」の月額料金400円が、3か月間無料になるキャンペーンを4月から実施予定!
スマホホルダー「マウント システム」から新色のゴールド登場!? まだ参考出品で、モーターサイクルショー来場者の反応を見て、市販化するか決めるそうだ

レポート&撮影●モーサイ編集部


<<<モーターサイクルショー関連記事>>>

CONTACT

サイン・ハウス

https://sygnhouse.jp/products/bcom/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク熱狂時代は永遠に:4】1980年代に若者が集った「上野バイク街」の現在 GSX-S1000GT スズキ スズキ GSX-S1000GT徹底解説「グランドツアラー路線となったフルカウル版GSX-S1000」 カメラマン柴田のGB350日記#10「自分流足着き向上法と、GB350Sと、日本一調子がいいGB350」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション