用品・グッズ

インカムの名機「SB6X」に後継機誕生!! よりスタイリッシュにより長時間使えるようになったB+COM「SB6XR」

2017年の登場以来、高い人気を誇るB+COM SB6X。その後継機種、SB6XRが3月24日に発売となる。

半導体不足などの影響を受けたリニューアルモデルだが、実はユーザーの要望を取り入れた改良が施されている。

何よりうれしいのは、バッテリーの容量アップと省電力化によって、音楽再生時の連続使用時間が18時間から24時間に、インカム通話時も16時間から22時間と大幅に伸びたこと。通勤や通学で音楽を聴くだけなら1週間は持つし、1泊2日のツーリングでも電池切れの心配はほぼ無用となった。

また、筐体後部のデバイスボタンがより立体的な形状となり、上下のボタンも幅広化され操作性が向上したのも見逃せないポイントだ。音質の良さや最大6人が簡単に接続でき切断後の自動復帰も可能なB+LINK、日本語の音声ガイダンス、インカム通話中に音楽を聴ける「聴きトーク」やオーディオシェア機能、設定が目で見て確認できるスマホアプリなどこれまでの美点はしっかり継承。

SB 6Xユーザーも買い換えたくなりそうな渾身のブラッシュアップだ。

薄型化し操作性もUP!! 細部のブラッシュアップも見逃せない

折り畳み可能なアンテナ部を除いたサイズは、筐体の余裕を切り詰めることで前モデル「SB6X」のH45.7mm×W106mm×D24.9mmからH45.7mm×W107mm×D23.6mm へと約5.2%薄型化された。なお、重量は53gで変わらない。

「SB6XR」に採用される新型のベースプレートは、SB6Xと互換性を持たせつつ、新たにケーブルを通すガイドと本体のロック機能を追加。インカム固定時のズレを防ぐとともに、よりスムーズな着脱が可能になった。

シリーズ共通の特徴である上下のB+COMボタンと後部のデバイスボタンは、より操作しやすい形状と操作したことがわかりやすい触感に変更。定評ある使いやすさに確実性が付加された。マイクやスピーカーはSB6Xと互換性を確保しつつ、コードやコネクタ部の耐久性を高めているという。

アフターサービスの良さもB+COMの魅力のひとつ

劣化したバッテリーの交換サービスやオンライン修理シミュレーターなど、アフターサービスの良さもB+COMの魅力だ。ウェブサイトでは他社インカムとの接続方法も解説している。ツーリング仲間が別のブランドのインカムを使っていても安心。

オプションのフェイスプレートで見た目のカスタマイズも楽しめる!!

気軽に見た目をカスタマイズできる交換可能なフェイスプレートは、ヘルメットの差し色になる単色のほか、日の丸風デザインやカモフラージュ柄、BMWに似合いそうな白地に赤×青のラインなど8種類のグラフィックを用意。

B+COM「SB6XR」主要スペック

価格●シングルユニット4万4000円、ペアユニット8万5800円 本体サイズ・重量●H45.7mm×W107mm×D23.6mm(アンテナ部除く)・53g スピーカーサイズ●直径40mm×D10.7mm 防水防塵性能●IP67相当 連続使用時間●インカム通話時最長22時間、音楽再生時最長24時間 充電時間●約3時間 最大通話人数●6人 Bluetooth Ver.●Bluetooth5.0(出力レンジ:Class1/Class2)対応プロファイル●HSP、HFP、A2DP、AVRCP

まとめ●モーサイ編集部 写真●サイン・ハウス

問い合わせ

サイン・ハウスサポートセンター ☎044-400-1979

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「悩まず使える」ことを徹底追求「CARDO FREECOM 4x(カルド フリーコム 4x)」 AKIRA 金田のバイク 電動バイクに暖機は必要? 映画『AKIRA』の「モーターのコイルが温まってきたところだぜ」は有り得るのか──。 「ファミリー層に実物のバイクに触れてほしい」ヤマハ発動機が二子玉川 蔦屋家電に限定ショールームをオープン

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション