用品・グッズ

スリムなグリップが 長く愛される秘訣! キジマ「グリップヒーター GH10」

[PR] sponsored post

人気の防寒用品ゆえに数多くリリースされるグリップヒーターは、どれを選べばいいか迷う人も多いだろう。まず、グリップヒーターには大きく分けて交換型と巻き付け型の2タイプがある。

交換型は元のグリップラバーを外してグリップヒーターに付け替える作業がやや複雑だが、握り心地に優れる。そのうちスイッチ別体型はハンドル周りがやや煩雑になるが、好みの位置にスイッチボックスを装着できるのがメリット。

一方、最近増えているスイッチ一体型はグリップから手を離さずにオン・オフや温度調整が可能だ。

巻き付け型はグリップの上にヒーターを取り付けるタイプ。グリップ径は太くなるが、電源の配線を除けば装着の手間が掛からず、使わないときは外しておける。

グリップヒーター GH10

本誌のお薦めは一般的なグリップと変わらないグリップ径φ32mmを実現したキジマの交換型グリップヒーターGH10。通常、一度装着したグリップヒーターはシーズンが終わっても取り外さないため、この握りやすさは魅力的だ。スロットルパイプを内蔵したことで、交換型のネックだった装着が容易になったのもうれしい。

5段階の温度調節や、LEDインジケーター内蔵のスイッチ一体型グリップ、使用中にバッテリー電圧が12V以下になると自動的に停止する電圧制御機能など、使い勝手も◎。発売以来、同社の代表格として好評を博している汎用グリップヒーターの決定版と言える。

グリップヒーター GH10

価格:1万7600円
サイズ:120mm(内長117mm・外径φ32mm)/130mm(内長127mm・外径φ32mm)
対応ハンドル径:φ22.2mm
消費電力:7.4W(レベル1)~34.8W(レベル5)

温度レベルを調整可能

イグニッションをオンにしてグリップヒーターが通電した状態からスイッチを押すと温度レベル1(出力20%)となる。その後はスイッチを1回押すごとに20%ずつ出力がアップし、最大のレベル5(出力100%)まで5段階に温度を調整可能だ。レベル5からさらにもう1度スイッチを押すか、そのほかのレベルでスイッチを3秒長押しすると電源オフとなる。なお、長押しでオフにした場合、スイッチを押すと直前の温度で再加熱されるメモリー機能も搭載している。

温度レベルによってランプの色が変わる

グリップエンドは貫通/非貫通タイプ両方に対応

グリップエンドは貫通タイプだけでなく、オフロードモデルなどに多い非貫通タイプにも対応している。貫通タイプの場合は純正バーエンドなどを装着し、非貫通タイプは付属のエンドキャップを取り付ける仕様だ。

貫通タイプ
非貫通タイプ

グリップへの取り付けも容易

スロットルパイプ内蔵のため、純正グリップからパイプを取り外すという面倒な作業は必要なし。なお、スロットルワイヤーを巻き取るアダプターはメーカーや車種に合わせて3タイプが同梱される。

他のモデルもオススメ

グリップヒーター GH08 プッシュスイッチタイプ(標準ハンドル用/インチハンドル用)

価格:8800円/9350円
対応グリップ径:φ22.2mm/25.4mm
グリップ外径:φ33mm/φ37mm
全長:115、120、130mm/130mm
消費電力:21~36W

GH10同様、5段階の温度調節やバッテリー電圧が12V以下になると加熱を自動停止する機能を備える。設定温度はスイッチ部のLEDの個数で判別。スイッチボックス装着用のクランプステーやマウントが付属する

グリップヒーター GH05-2 巻き付けタイプ

価格:5720円
サイズ:95×100mm、105×100mm
消費電力:18~ 36W

グリップ巻き付け型で、さまざまな車種に手軽に装着可能。もちろん使わないときは取り外せる。温度調整機能はなく、電源はオン・オフのみの設定だがその分リーズナブルだ。95mm幅と105mm幅の2タイプが用意
グリップへの装着例

レポート●モーターサイクリスト編集部 写真●キジマ

お問い合わせ

キジマ
TEL:03-3897-2167

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

バイク用インカムメーカー、カルド、ミッドランド、ユークリア、サインハウスが組み込み式ヘルメット通信機の規格化を発表 【快適ライディングウエア探求】基本を押さえた堅実なモデル フラッグシップのURBAN RIDE MESH JACKET フランスのバイクウエアブランド IXONが秋冬向けライディングジャケット「ソーホーA」と「ブリクストンA」を販売開始

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション