カワサキ GPZ900R誕生秘話【車体&デザイン編】「目指したのは最高速250km/hの性能」

GPZ900R カワサキ
1984年に登場し、2003年まで生産が続けられたカワサキ GPZ900R(写真は1984年型のUS仕様)
GPZ900R カワサキ
イルカのラインを生かしたイメージスケッチ。エンジン脇のカットの仕方が面白い
GPZ900R カワサキ
カウリングをアッパーとアンダーに分けたもの
GPZ900R カワサキ
Z750ターボに似たイメージ。エンジンが空冷時代のもの。シート後部を短く切っている。リヤフェンダーは可動式
GPZ900R カワサキ
ほぼ完成車に近づいたレンダリングのイメージ
GPZ900R カワサキ
モックアップモデル。オイルクーラーが付いていないが、全体的にはほとんど手直しせずに完成車となる
GPZ900R カワサキ
GPZ900Rの透視イラスト
GPZ900R カワサキ
メインフレームはスチールの丸パイプ、シートレールはアルミの角パイプ。その2つをステップホルダーにあたるアルミ製パーツで結合。低振動エンジンゆえに成立した構造だ
GPZ900R カワサキ
リヤサスペンションはボトムリンク式ユニトラック。ショックユニット上方に、エアバルブと4段階ダンパーアジャスターがある
GPZ900R カワサキ
GPZ900Rは2003年型を以て生産終了となった。写真は2003年型「A16」のマレーシア仕様
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 国際A級ライダー鈴木大五郎氏のBKライディングスクールに参加「ベテランほどプロによるフォームチェックが染みる!」
  2. 岩城滉一さんのカスタムを手掛けた隠れ家的ハーレーショップ「鉄馬舎」とは
  3. ラフアンドロード創業当時の懐かしロゴ!吸汗・速乾素材の「ラフ ロコ ドライT/ラフ パームツリー ドライT」を発売
PAGE TOP