水冷スポーツスター・ナイトスターは「従来のハーレーと全然違うのか?」 空冷883で15万km走ったオーナーの視点

ナイトスター ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン ナイトスター。価格は188万8700円〜
ナイトスター ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン ナイトスター。従来までの「スポーツスターファミリー」という区分けはなくなり、ハーレーダビッドソンとしてはスポーツスターSともども「スポーツ」というカテゴリーに含まれる
右が「初の水冷スポーツスター」として登場したスポーツスターS(排気量1250cc)。左がナイトスター(排気量975cc)
ナイトスター エンジン ハーレーダビッドソン
ナイトスターに搭載される水冷60度Vツインエンジン「レボリューションマックス975T」。最高出力89ps/7500rpm、最大トルク9.6kgm/5750rpmという性能
ナイトスター ブレーキ ハーレーダビッドソン
前後ブレーキはブレンボ製。正立式のフロントフォークはショーワ製でインナーチューブ径41mm
ナイトスター マフラー ハーレーダビッドソン
シートは伝統のソラ豆タイプで、純正アクセサリーパーツでタンデムシートが用意される
ナイトスター ハーレーダビッドソン
灯火類はフルLED。ヘッドライトにはメーターバイザー的なカウルが装備される
ナイトスター メーター ハーレーダビッドソン
下部の液晶モニターは燃料計、オド、トリップ、回転計、時計を切り替え表示できる。写真はライディングモード「スポーツ」を選択した状態で、「S」の文字が表示される
ナイトスター メーター ハーレーダビッドソン
ライディングモード「ロード」を選択した状態。道のイラストが表示される
ナイトスター メーター ハーレーダビッドソン
ライディングモード「レイン」を選択した状態。雲と雨のイラストが表示される
ナイトスター ハーレーダビッドソン
ナイトスターの車体色は3種がラインアップされる。写真はビビッドブラック
ナイトスター ハーレーダビッドソン
ガンシップグレー
ナイトスター ハーレーダビッドソン
レッドラインレッド
ナイトスター 足着き ハーレーダビッドソン
ナイトスターの足着き。ライダーの身長は182cm
ナイトスター ライディングポジション ハーレーダビッドソン
ナイトスターのライディングポジション。ライダーの身長は182cm
この画像の記事ページへ
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

ピックアップ記事

  1. スズキ コレダTT250 1956年