BMWの超スタイリッシュ電動スクーター、「CE 04」は四輪EVと似ているのか?違うのか?

BMW CE 04
2022年4月22日から発売開始となったBMW CE 04。価格は161万円
BMW CE 04
日本仕様はグリップヒーター、シートヒーター、ETC2.0車載器が標準装備される
BMW CE 04
半透明状のメーターバイザーも独特なデザインを強調するパーツ。ヘッドライトはデイタイムランニングライト機能付き
BMW CE 04
最も重いパーツであるバッテリーを最下層にレイアウトし、低重心化を突き詰めたパッケージ。スクーターには必須とも言えるシート下収納も確保している
BMW CE 04
メーターは10.25インチのフルカラー液晶
BMW CE 04
中央に速度計とバッテリー残量を大きく表示するメーターパネル。走行モードはエコ/レイン/ロード/ダイナミックの4種で、メーター右上の選択中のモードが表示される
BMW CE 04
リバース時には「R」の文字と大きな矢印がメーターに表示される
BMW CE 04
ダッシュボードには右側に通常充電用のソケット(200V)、左側に充電ソケット付きスマートフォン収納スペースが設けられる
BMW CE 04
フラットかつ前後に長いシート(日本仕様はヒーター内蔵のコンフォートシートが標準)
BMW CE 04
フロントブレーキは265mmダブルディスク+4ピストンキャリパーの組み合わせ。フロントブレーキやフロントフォークはフェンダー一体型のカバーで覆われた独特デザインとなっている
BMW CE 04
リヤタイヤはベルトで駆動
BMW CE 04
リヤサスペンションはリンクレスのモノショックでプリロード調整が可能
BMW CE 04
ダッシュボードには右側に通常充電用のソケット(200V)、左側に充電ソケット付きスマートフォン収納スペースが設けられる
BMW CE 04
標準装備のモード2充電ケーブルのほか、BMW Wallboxを含むモード3充電器に対応
この画像の記事ページへ
  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

  1. 「高速道路の非常電話」スマホ普及率99%なのに設置の意味ある? ただの電話機じゃなかった!! びっくり機能を知る
  2. 【プロカメラマン】が大量画像で記録!「腐ったKLX125のチェーンガイドを、回転するよう加工しながらのパーツ交換」
  3. 日本レース写真家協会(JRPA)が報道写真展「COMPETITION」を東京と大阪で開催
PAGE TOP