SR400の魂はXSRシリーズが継ぐ!? サンバースト塗装XSR900用純正タンクカバーに垣間見る「ヤマハ車の伝統」

SRのサンバースト塗装モデルの一例。2004年に登場した「25周年記念モデル」で、車体色名は「ミヤビマルーン」
SRのサンバースト塗装モデルの一例。2018年に登場した「40周年記念モデル」で、車体色名は「ベリーダークオレンジメタリック1」
SRのサンバースト塗装モデルの一例。2021年、生産終了の発表とともに設定された「ファイナルエディション」で、車体色名は「ヤマハブラック」
ヤマハ純正XSR900用「CRAFT BUILD外装セット」のタンクカバー。アルミ素材にサンバースト塗装をした量産市販品はヤマハ初という
ヤマハ純正XSR900用「CRAFT BUILD外装セット」のタンクカバー。重厚感ある真鍮製の音叉エンブレムがあしらわれる
XSR900用ヤマハ純正アクセサリー「CRAFT BUILD外装セット」装着車。
XSR900用「CRAFT BUILD外装セット」に含まれるオリジナルシート。スタンダートのシートの形状はそのままに、上面を本革調、サイドをファブリック調とした異なる質感を強調したデザイン
2021年に発売されたSR400ファイナルエディションのサンバースト塗装のタンク。やはり職人の手作業で丁寧に仕上げられている
2021年に販売されたヤマハ純正SR400用CRAFT BUILD外装セットのタンク。「Wサンバースト塗装」に関しては、SR400ではファイナルエディションとCRAFT BUILD外装セットにしか採用されていない
この画像の記事ページへ
  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

  1. 中上貴晶レプリカデザイン「VZ-RAM NAKAGAMI GP2」と、街なかから長距離ツーリングまでの「ASTRO-GX SPINE」が新発売【アライヘルメット】
  2. まるでコンサートホール! 「MIDLAND」史上最高音質のインカム用オプションスピーカー【RCFプレミアムサウンドキット】が新発売
  3. 高速道路で落とし物をしたら? 「戻って拾う」はダメ絶対!! 確認しておくべき「数字」とは?
PAGE TOP