SR400の魂はXSRシリーズが継ぐ!? サンバースト塗装XSR900用純正タンクカバーに垣間見る「ヤマハ車の伝統」

SRのサンバースト塗装モデルの一例。2004年に登場した「25周年記念モデル」で、車体色名は「ミヤビマルーン」
SRのサンバースト塗装モデルの一例。2018年に登場した「40周年記念モデル」で、車体色名は「ベリーダークオレンジメタリック1」
SRのサンバースト塗装モデルの一例。2021年、生産終了の発表とともに設定された「ファイナルエディション」で、車体色名は「ヤマハブラック」
ヤマハ純正XSR900用「CRAFT BUILD外装セット」のタンクカバー。アルミ素材にサンバースト塗装をした量産市販品はヤマハ初という
ヤマハ純正XSR900用「CRAFT BUILD外装セット」のタンクカバー。重厚感ある真鍮製の音叉エンブレムがあしらわれる
XSR900用ヤマハ純正アクセサリー「CRAFT BUILD外装セット」装着車。
XSR900用「CRAFT BUILD外装セット」に含まれるオリジナルシート。スタンダートのシートの形状はそのままに、上面を本革調、サイドをファブリック調とした異なる質感を強調したデザイン
2021年に発売されたSR400ファイナルエディションのサンバースト塗装のタンク。やはり職人の手作業で丁寧に仕上げられている
2021年に販売されたヤマハ純正SR400用CRAFT BUILD外装セットのタンク。「Wサンバースト塗装」に関しては、SR400ではファイナルエディションとCRAFT BUILD外装セットにしか採用されていない
この画像の記事ページへ
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】