「ポイントは純正シートのまま!」ホンダ GB350Sをレトロなカフェレーサー風に仕上げたACTIVEの妙技

シートはGB350Sの純正シートそのもの。そこに丸みのあるテールカウルを装着、シングルシートにしか見えないスタイルを構築
フェンダーレスキットも開発中(予価3万800円)。シングルシートカウルもカーボン製だ
足まわりのローダウン&セパハン化でカフェスタイルが強調されている
美しいトップブリッジとセパハンの組み合わせ
ノーマルのGB350Sのメーターは回転数表示が無いので、タコメーター増設は実用面でも効果アリ!?
アルミ鍛造のホイールは開発中とのことで、フロントが予価11万3300円、リヤが予価12万6000円。フロントのショートフェンダーはドライカーボン製で予価3万3000円
ゲイルスピードのElaborate 4Pアキシャルキャリパー(9万9000円)。キャリパーサポートはアクティブオリジナル(予価8580円)
ACTIVE(アクティブ)によるGB350S カスタム例。一部部品は試作品ではあるものの、カスタム総額は「部品代だけで100万円くらいになりそう」とのこと
不快な振動を吸収するパフォーマンスダンパー(3万8500円)も装備
GB350S
ノーマルのホンダ GB350S
この画像の記事ページへ
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】