ホンダ CB400SF教習車の知られざる秘密「型式すら異なる専用車両!足まわりのセッティングも違う」

教習車専用仕様のCB400SF(NC54)。2022年現在販売されているのは2017年12月8日に発売された平成28年排ガス規制対応モデル。
教習車仕様のベース車両となった2017年型CB400SF(NC42)。CB400SFは2017年以降も何度かモデルチェンジをしているが、教習車仕様のベースとしては2022年現在も2017年型(平成28年排ガス規制対応モデル)が使われている。
教習車専用仕様のCB400SF(NC54)と普通のCB400SF(NC42)の主要諸元比較。
NC750Lのベース車両、2016年型のNC750S。エンジンは745ccの水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒。最高出力は54ps/6250rpm、最大トルクは6.9kgm/4750rpm。
大型二輪の教習車として多く使われているNC750L。エンジンはNC750Sと同様の745ccの水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒だが、最高出力は37ps/5250rpm、最大トルクは5.5kgm/4000rpmとベース車両に比べてかなり抑えられている。
普通のCB400SF(NC42)の車体サイズ。寸法面での違いは、教習車仕様は全長・全幅・全高がわずかに大きくなっているほか、シート高も低くなっている。
普通のCCB400SF(NC42)のディメンション図。トレール量は90mm。
教習車仕様のCB400SF(NC54)。写真の車体色はキャンディーブレイジングレッドで、教習車仕様のみに設定されたカラーリング。
教習車仕様のCB400SF(NC54)。写真の車体色はパールフラッシュイエローで、2017年型では教習車仕様のみに設定されたカラーリング。
教習車仕様のCB400SF(NC54)。写真の車体色はグリントウェーブブルーメタリック。
普通のCB400SF(NC42)。写真は2017年型で車体色はパールサンビームホワイト。教習車仕様のキャンディーブレイジングレッドと似たカラーリングだが、車体色名は異なる。
普通のCB400SF(NC42)。写真は2017年型で、車体色はグリントウェーブブルーメタリック。教習車にも同様のカラーリングがある。
普通のCB400SF(NC42)。写真は2017年型で車体色はグラファイトブラック。教習車仕様のCB400SF(NC54)には存在しないカラーリング。
この画像の記事ページへ
  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】