ベトナム人がバイク全般を「ホンダ」と呼ぶのはスーパーカブの影響だった!60年代から始まった「ホンダ神話」とは

3代目PCXはベトナムで作られている。写真は新型=4代目PCX(カラーはパールジャスミンホワイト)。
現行型のホンダ・リード125。
ベトナム・ハノイの旧市街。狭い路地も人が通れないほどバイクに乗る人たちでいっぱいになる。
ヘルメットをちゃんと被るようになったのは、2010年代に入って法令が厳しくなってから。
ホーチミン市の朝の風景。バイクに乗ったままでも気軽に買えるようにカスタムされた屋台があり、二重駐車もお構いなくバイクを停めている。
ベトナム・ホーチミンの裏通り。ベトナム人はバイクでは通りづらそうな狭い道でも平然と通っていく。
ベトナム・ホーチミンの帰宅ラッシュ時の様子。大通りもバイクで走行するライダーで埋め尽くされる。
ベトナムの交差点付近にあるタイヤ修理専門店。ベトナム人は手先が器用でたくましい体つきの人が多く、至るところにバイク修理工場がある。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ヤマハ新型XSR900開発陣インタビュー「80年代のレーシングマシンは意外にシートが低い、そこにヒントがあった」【車体編】
  2. 「サブスク、レンタル、残価設定型ローン」憧れの高額大型バイクにだって、支払いを工夫すれば乗れるのです!
  3. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第50話:梅雨時のライダーあるあるが悲しいッ「マンホール怖い」「カッパ着ると晴れる」
PAGE TOP