スズキ カタナの2022年モデルが海外で発表「最高出力2馬力アップ&電子制御を強化!ブルーカタナも登場」

スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(メタリックマットステラブルー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(メタリックマットステラブルー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(メタリックマットステラブルー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(メタリックマットステラブルー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(ソリッドアイアングレー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(ソリッドアイアングレー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(ソリッドアイアングレー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(ソリッドアイアングレー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデルのエンジン。最高出力112kW<152ps>/1万1000rpm、最大トルク106Nm<10.8kgm>/9250rpmの性能に
スズキ カタナ海外仕様2022年モデルのエンジン。電子制御スロットルやアシスト&スリッパークラッチを新採用、マフラーを含めたエキゾーストシステムも一新されている
スズキ カタナ海外仕様2022年モデルでは電子制御スロットルを新採用。スロットルボディの径も44mmから40mmへと変更されている
スズキ カタナ海外仕様2022年モデルのクイックシフター。アップ/ダウン両方に対応する
スズキ カタナ海外仕様2022年モデルの液晶メーターパネル。従来型をベースとしつつ、ライディングモードやクイックシフターの作動状況の表示項目が追加されている
スズキ カタナ海外仕様2022年モデルの液晶メーターパネル。オレンジ色の表示となる「夜間モード」が追加された
振動を抑制し快適性を向上させるため、ラバーマウント化されたスズキ カタナ海外仕様2022年モデルのハンドル
新たに刀ロゴが描かれるようになったスズキ カタナ海外仕様2022年モデルのキー
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(メタリックマットステラブルー)
スズキ カタナ海外仕様2022年モデル(ソリッドアイアングレー)
2021年現在、日本で販売中のスズキ カタナ(ミスティックシルバーメタリック)
2021年現在、日本で販売中のスズキ カタナ(グラススパークルブラック)
この画像の記事ページへ
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】