フィンランドの「何でも潰す」動画がスゴい!! バイクのエンジンやピストンを150tの油圧プレスにかけるとどうなるのか

「Hydraulic Press Channel」。309万人の登録者数を持つ大人気チャンネルで、2015年のチャンネル開設から2021年11月現在までに350本以上の「油圧プレス機でモノを潰す」動画をYouTubeに投稿しています。
動画「Crushing running 4-stroke motor and motorcycle helmet with hydraulic press」の中で潰されたモノ。バイク用4ストローク単気筒エンジンや鋳造ピストンなど。
キックスタートでエンジンを始動。エンジンが回ったままの状態でプレス機の圧力を掛けていきます。
プレス機がエンジンの3分の1ほどに食い込んだところで、突然ピストンの動きが止まりました。
稼働中のエンジンを潰しても、火花が散ったり爆発したりすることはありませんでしたが、油圧プレス機の回りは白煙に包まれ、潰れたエンジンからはオイルが漏れ出しています。
油圧プレス機で潰された後のエンジン。ある程度の原型は保っています。
油圧プレス機に潰される前のクランクケース。
圧力が掛けられていくと、クランクケースはほとんど変形することなく縦にヒビが入り、真っ二つに割れました。
割れたクランクケースの中から部品が飛び出す様子。中でも自動遠心クラッチ部はプレス機の圧力から逃げるように、手前に飛び出してきました。
油圧プレス機で潰された後のクランクケース。潰された後もある程度の原型を保っていたエンジンとは異なり、元の姿が想像できないほどバラバラになりました。
油圧プレス機に潰される前のピストン(鋳造品)。
油圧プレス機に潰されるピストン。下の方からパラパラと砕けていきます。
ぐにゃりと変形するのではなく、細かく割れるのが鋳造で作られたパーツの特徴です。この鋳造ピストンも、破片が飛び散っています。
油圧プレス機で潰された後のピストン。細かく砕け、本体は厚さ1cmほどのペタンコになりました。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 今や原付二種にもマスト! バイクのABS義務化「価格への影響は小排気量ほど辛い……」
  2. 微妙な色の純正ホイールを高級感あるゴールドに! 90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第14話】
  3. 『モーターサイクリスト』8月号は7月1日発売!! 付録はクシタニデザインネックゲイター
PAGE TOP