C400GT試乗「BMWに毎日乗る生活様式ってアリかも」通勤も遊びも1台でOK、普通二輪免許でもOK!

C400GT BMW 2021
BMW C400GT(2021年モデル)。2021年モデルでエンジン、フロントブレーキ、電子制御機構、シート下収納の照明などが改良されたほか、グローブボックスにUSB充電ソケットが追加された
C400GT BMW 2021
BMW C400GT(2021年モデル)。価格は93万円で、車体色はアルピン・ホワイト(標準)、カリスト・グレー・メタリック(6000円高)、写真のブラック・ストーム・メタリック2(2万6000円高)という3種
C400GT BMW
BMW C400GT(アルピン・ホワイト)
C400GT BMW
BMW C400GT(カリスト・グレー・メタリック)
C400GT BMW
BMW C400GT(ブラック・ストーム・メタリック2)
C400GT BMW
ヘッドライト、ウインカー、テールライトと灯火類はフルLED
C400GT BMW
ヘッドライト、ウインカー、テールライトと灯火類はフルLED
C400GT メーター BMW
メーターは最新のトレンドに沿って、スマートフォン連動の大型カラー液晶モニターを装備。写真は速度計をメインに表示した標準状態
C400GT メーター BMW
メーターはBluetoothでスマートフォンなどとの連携機能があり、電話や音楽再生が可能。ただし、日本国内でのナビ機能は現時点未対応
C400GT BMW
左スイッチボックスには、メーターのメニュー選択などをダイヤル式スイッチ、メニュー切り替えスイッチ、ハザードボタンがまとめられている
C400GT BMW
右スイッチボックスにはグリップヒーター、シートヒーターのスイッチがあり、それぞれ温度を3レベルに変更可能
C400GT トランク BMW
C400GTのシート下収納。BMWが「フレックスケース」と呼ぶ構造で、停車時にスペースを拡大できる。写真はロック解除前の「走行時」のもの
C400GT トランク BMW
C400GTのシート下収納。ロックを解除し、「底」を押し下げ容量を拡大した「停車時」の収納スペース
C400GT グローブボックス BMW
ハンドル下には2つのグローブボックスがあり、右グローブボックスにはETC2.0が標準装備。USB充電ソケットも配置されている
C400GT エンジン BMW
349cc水冷単気筒OHC4バルブエンジンは、最高出力:34ps/7500rpm、最大トルク:3.5kgm/6000rpmの性能を発揮。公称最高速は139km/h
C400GT ブレーキ BMW
フロントブレーキは265mmダブルディスク。2021年モデルではブレーキレスポンスを向上させるため、キャリパーを従来までのバイブレ(ブレンボの新興国向けブランド)製からスペインのJ.JUAN(ホタ・ホアン)製に変更された
C400GT BMW
リヤブレーキは276mmシングルディスク
C400GT シート BMW
前後左右とも十分なスペースのあるライダー側シート。バックレストには「GT」の刺繍が入る。シート高は775mm
C400GT 足着き BMW
身長170cm、体重58kgのライダーがまたがったときの状態
C400GT 足着き BMW
身長170cm、体重58kgのライダーがまたがったときの状態
C400GT トップケース BMW
トップケースは純正オプションでも用意されている。容量は30Lでヘルメット1個を収納可能。装着には「ラゲッジラック」も必要
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. カワサキ KLX230SM解説「久々の国産モタード登場!さすがDトラッカーでブームを先駆けたカワサキ」 KLX230SM カワサキ
  2. 【元警察官】に聞く「あおり運転」されたら一般人(私人)でも現行犯逮捕できる? 誤認だったらどうなる?
  3. 【元警察官】に聞く「パトカーや白バイの高速追尾や路駐」って合法!? なんかズルく感じるんだけどっ!
PAGE TOP