かつてハーレーはアメリカの「軽トラ」的存在だった!? 働くハーレー「サービカー」とは

G Servi-Car(1932年)。
チェーン駆動+デフを持つ3輪商用車「サービカー」。モデルD(1929年登場)と同じ750ccサイドバルブVツインエンジンを搭載し、基本を変えずに1973年まで生産。
写真は1915年に販売開始した前輪2輪、後輪1輪の「パッケージトラック」。前輪には貨物コンテナを積載し、コカ・コーラなどを運ぶ配送車としての役割があったそうだ。
サイドカーの代わりにフタ付きの木箱を備えたサイドバンは、 配達用に重宝な存在で、宣伝を兼ねて看板を設置したりとカーの意匠に凝るユーザーも多かった。
ハーレーダビッドソンのトライク「トライグライドウルトラ」(2021年モデル)。エンジンは最新の1868ccOHV空冷ツインのミルウォーキーエイト114を搭載。
写真は1919年ごろのもので、電車事故により左腕と両足を失った「アルフレッド・ルロイ」が右手だけでも運転できるように友人の助けを借りつつ、完成したハーレーのサイドカー付きバイク。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 「泥はね運転違反」をご存知か? クルマやバイクで歩行者に水しぶきや雪をかけると道交法違反になるのだ!
  2. 交通事故死者数は日本の約10倍! 旧正月には事故が超多発!? タイの恐るべき交通事情
  3. 「ZZR250、ニンジャ250R、そしてニンジャ250へ」カワサキ250並列2気筒の系譜【1990〜2020年代編】 ニンジャ250R カワサキ
PAGE TOP