トライアンフ スピードトリプル1200RR徹底解説「レトロなカフェスタイルでも、最新スポーツとタメを張れる性能!」

スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。外装パーツはカウルを含めてミニマムなサイズに抑えられており、3気筒エンジンを積極的に「魅せる」スポーティなルックス
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。3気筒エンジンならではのスリムな車体
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。バーハンドルのスピードトリプル1200RSに対し、スピードトリプル1200RRのハンドルはクリップオンハンドルに
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。アルミツインスパーフレームに片持ちのアルミ製スイングアームという構成はストリートトリプル1200RSから受け継いでいる
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。アルミツインスパーフレームに片持ちのアルミ製スイングアームという構成はストリートトリプル1200RSから受け継いでいる
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。フロントカウル、テールカウルともタイトなデザインに仕上げられている
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(クリスタルホワイト×ストームグレー・228万5000円)
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(クリスタルホワイト×ストームグレー・228万5000円)
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(クリスタルホワイト×ストームグレー・228万5000円)
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)。ヘッドライトはデイタイムランニングライトを装備したLED
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(クリスタルホワイト×ストームグレー・228万5000円)。ヘッドライトはデイタイムランニングライトを装備したLED
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
ハンドル周りの配線を極力隠す工夫が行われており、ライダーの視界に映るコックピットの美しさも追求。メーターは5インチのフルカラー液晶モニター
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
テールライトはライン状のLEDを用いたスポーティなデザイン
スピードトリプル1200RR トライアンフ オーリンズ
エンジン制御とも連動する最新式の電子制御サスペンション「オーリンズ・スマートEC 2.0」を装備。フォークインナーチューブ径は43mm
スピードトリプル1200RR トライアンフ オーリンズ
ECUと接続するための配線が接続されたリヤサスペンション。走行状況をこまめにセンシングして減衰特性を瞬時に最適化する電子制御サスペンションは、現代のスポーツバイクには欠かせない装備とも言える
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
シートカウルを外し、リヤシートを装着した状態
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
スピードトリプル1200RRのエンジンは、スピードトリプル1200RSと同じ1160ccの並列3気筒。最高出力180ps/1万750rpm、最大トルク12.7kgm/9000rpmといった性能も同値
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフがMoto2クラスへのエンジン供給で蓄積した技術を生かしたアップ/ダウン両対応のクイックシフター「トライアンフ・シフト・アシスト」を装備
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR。車体色はレッドホッパー×ストームグレー(左)とクリスタルホワイト×ストームグレー(右)の2色の設定
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
シート高は830mmと、数字だけを見ると高い部類だが、ナローなシート下のフレームとシート前方のえぐりによって、実際の足着きは数字よりかはフレンドリーな可能性が高い
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(レッドホッパー×ストームグレー・231万7500円)
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
トライアンフ スピードトリプル1200RR(クリスタルホワイト×ストームグレー・228万5000円)
スピードトリプル1200RS トライアンフ
エンジンや車体のベースとなっているスポーツネイキッド・スピードトリプル1200RS
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. バイク大国タイで人気のメーカーは……? 3位はベスパ、2位はヤマハ、1位は約75%のシェア率を誇るホンダ!
  2. 無限MUGEN「2022 東京オートサロン」ブースで、電動スポーツバイクの未来が見られる!
  3. 「最近のバイクは重い」はウソ!? 今と昔では車両重量の表し方が「乾燥重量」と「装備重量」で違うのだ!
PAGE TOP