クシタニ浜松本店が9月18日に移転オープン!クシタニ史上最大の店舗で創業当時を再現したミュージアムも併設

「クシタニ浜松本店」内に復元された1947年創業当時の櫛谷商店。
クシタニの担当者によると「クシタニ浜松本店」には、製品を販売するアパレルショップとしての側面だけではなく、休憩スペースやミュージアムを併設する「交流の場所」という側面も期待しているという。
クシタニ史上最大となる600m2の敷地面積を持つ「浜松本店」では、クシタニが販売する製品をフルラインアップで展示、販売する。
店舗によっては置いてあるモデルが限られがちなレーシングスーツも「クシタニ浜松本店」では、豊富に取り揃えられた実物を見て購入することができる。
「クシタニ浜松本店」内に復元された1947年創業当時の櫛谷商店。
主力の革製品だけでなく、ウエアを手入れするための用品や小物、インナーウエアなども取り揃えている。
1950年代当時の櫛谷商店の実物。
1970年代当時の櫛谷商店の実物。
この画像の記事ページへ
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】