スーパーチャージャーとターボチャージャーは何が違う? 二輪車で採用する場合のポイントは?

カワサキ ニンジャ H2 カーボン
カワサキ Ninja H2 CARBON(ニンジャH2カーボン)。スーパーチャージャー付き998cc経入れ地4気筒エンジンは最高出力231馬力、ラムエア加圧時には242馬力の性能を発揮
カワサキ ニンジャ H2SXSE+
ツアラーモデルのカワサキ Ninja H2 SX SE+。燃費とパワーを両立した「バランス型スーパーチャージドエンジン」(998cc並列4気筒)を搭載。最高出力は200馬力、ラムエア加圧時は210馬力
カワサキ Z H2 SE
ネイキッドモデルのカワサキ Z H2 SE。Ninja H2 SXシリーズと同系の「バランス型スーパーチャージドエンジン」(998cc並列4気筒)を搭載し、最高出力は200馬力。
カワサキ ニンジャ H2 スーパーチャージャー
Ninja H2シリーズのスーパーチャージャー付き並列4気筒エンジン。スーパーチャージャーは川崎重工の自社製で、ガスタービン・機械カンパニー、航空宇宙カンパニー、技術開発本部と同社の様々な部門の技術が結集している
カワサキ ニンジャ H2 スーパーチャージャー
Ninja H2のスーパーチャージャー用インペラ。直径69mmで、12枚のブレードを持つ。毎秒200Lの圧送能力を有し、吸入気のスピードは秒速100m、大気圧の約2.4倍となる
カワサキ ニンジャ H2 スーパーチャージャー
Ninja H2は「遠心式スーパーチャージャー」で、クランクシャフトの回転力をチェーンによって拾い、インペラを回転させる力としている
ホンダ シティターボ
例が少々古いが、1982年に登場したホンダ シティターボのエンジン。赤丸で囲んだ部分がタービンブレード(左)とコンプレッサーブレード(右)で、ひとつの軸でつながっているのがわかるだろうか
ホンダ シティターボ
ホンダ シティターボのエンジンは当時「世界最小のターボエンジン」だった。1.2Lの4気筒エンジンは最高出力100馬力の性能を発揮
日産 GT-R VR38DETT エンジン
日産の最高峰スポーツカー「GT-R」が搭載する3.8L V型6気筒ツインターボエンジン(写真は2007年の初登場時のもの)
日産 GT-R
2007年デビュー時、日産 GT-Rの最高出力は480馬力だったが(写真のモデル)、熟成が重ねられていった結果、最新モデルの最高出力は600馬力に達する
日産 GT-R VR38DETT ターボ
日産 GT-Rの3.8L V型6気筒ツインターボエンジンが採用するIHI製ターボチャージャー。排気効率を追求し、タービンハウジングとエキゾーストマニホールドが一体型となっている
1984年登場のカワサキ 750ターボ。スタイリングもGPz750ほぼそのままだった
カワサキ 750 ターボ
カワサキ 750ターボの技術解説資料より。750ターボは当時のカワサキ GPz系モデルで最大排気量となるGPz1100(1100cc空冷4気筒で最高出力120馬力、最大トルク10.2kgm)に出力、トルクとも匹敵する性能を備えていた
カワサキ ニンジャ H2 カーボン スーパーチャージャー
カワサキ Ninja H2 CARBON(2020年)。エンジンはスーパーチャージャー付き水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ、ボア・ストローク76.0mm×55.0mm、総排気量998cc。最高出力170kW<231ps>/1万1500rpm、ラムエア加圧時最高出力178kW<242ps>/1万1500rpm、最大トルク:141Nm<14.4kgm>/1万1000rpm
カワサキ 750ターボ(1984)。エンジンはターボチャージャー付き空冷4サイクル並列4気筒DOHC2バルブ、ボア・ストローク66mm×54mm、総排気量738cc。最高出力112ps/9000rpm、最大トルク10.1kgm/6500rpmの性能。
カワサキ ニンジャ H2 スーパーチャージャー
Ninja H2のインペラを駆動する遊星ギヤ。クランクシャフトからチェーン経由で取り出された回転力は、まずステップアップギヤで1.15倍に増速。その後、遊星ギヤで8倍に増速される
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 「泥はね運転違反」をご存知か? クルマやバイクで歩行者に水しぶきや雪をかけると道交法違反になるのだ!
  2. 交通事故死者数は日本の約10倍! 旧正月には事故が超多発!? タイの恐るべき交通事情
  3. 「ZZR250、ニンジャ250R、そしてニンジャ250へ」カワサキ250並列2気筒の系譜【1990〜2020年代編】 ニンジャ250R カワサキ
PAGE TOP