新車で買える1960年代のベスパ!? 美しき謎のスクーター「ヴィーナスローマ125」とは

ヴィーナスローマ 125
「ヴィーナスローマ」のエンブレム
ヴィーナスローマ 125
約30年の時を経て販売されたヴィーナスローマ125(写真の車両は個人所有車でホワイトウォールタイヤとバックミラーはノンオリジナル)
ヴィーナスローマ 125
約30年の時を経て販売されたヴィーナスローマ125(写真の車両は個人所有車でホワイトウォールタイヤとバックミラーはノンオリジナル)
ヴィーナスローマ 125
右サイドカバーを外すとエンジンユニットが現れる。エンジンは123ccの強制空冷2ストローク単気筒ロータリーバルブで、最高出力6.3ps
ヴィーナスローマ 125
メーターは120km/hスケールの速度計のみ(最高速はおそらく80km/h程度だろう)。変速はクラッチレバーを握りながら左グリップを前後に回す
ヴィーナスローマ 125
リヤブレーキはペダル式。ステップ中央部の盛り上がったところに足を乗せて操作すると微調整しやすい
ヴィーナスローマ 125
フロントにキー付きのトランクを装備
ヴィーナスローマ 125
燃料コックとチョーク、その上にコンビニフック(?)を装備
ヴィーナスローマ 125
左サイドカバーはキー付きのフタが付き小物の収納が可能。奥には盗難防止(?)用のキルスイッチがあり、オフにしておくと始動できなくなる
ヴィーナスローマ 125
タイヤはチューブ式だが、スペアタイヤを装備。交換する際はリム部のボルトを脱着する
ヴィーナスローマ 125
ヴィーナスローマ125はベスパに精通したショップで販売が行われる。そのひとつがモトビート・シフトアップ(神奈川県横浜市)で、左が同店代表の山本慎一郎さん(左)、右はCKデザイン代表の佐々木和夫さん
ヴィーナスローマ CKデザイン
かつてCKデザインが販売していたヴィーナスローマ(写真の車両はベスパのエンブレムが付いている)。『ローマの休日』に登場したベスパを模したパイプハンドル、フェンダーライトを装備。この仕様にするのは結構大変で「もうやりたくないです(笑)」とCKデザインの佐々木さん
この画像の記事ページへ
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

ピックアップ記事

  1. スズキ コレダTT250 1956年