【パンアメリカ1250詳細解説】オフも走れる&自動車高調の異色ハーレー「開発裏話やマニアックな小ネタもあるよ!」

パンアメリカ1250 スペシャル ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル(バハオレンジ×ストーンウォッシュホワイトパール)
パンアメリカ1250 スペシャル ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル(デッドウッドグリーン)
パンアメリカ1250 スペシャル ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル(ガーントレットグレーメタリック)
パンアメリカ1250 スペシャル ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250スペシャル(ビビッドブラック)
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250(リバーロックグレー)
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
ハーレーダビッドソン パンアメリカ1250(ビビッドブラック)
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
パンアメリカ1250スペシャル(バハオレンジ×ストーンウォッシュホワイトパール)
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
「ファットボブ」や「ロードグライド」のデザインを取り入れたというパンアメリカ1250シリーズのヘッドライト周り
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン プロトタイプ
2018年発表当時のプロトタイプ・パンアメリカ1250。この時点で市販モデルとほぼ変わらないほどスタイリングは完成されていました(ウインカーやシート、エンジンの装飾などに違いが見られます)
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン サスペンション
アダプティブライドハイト機能を持った電子制御リヤサスペンションは、日本のショーワ製(写真はショーワのメディア向け技術説明会で展示されたサンプル)。パンアメリカ1250ではECUはハーレーダビッドソンが独自開発
パンアメリカ1250 メーター ハーレーダビッドソン
オフロード走行に特化した走行モード・サスペンションモードを搭載するパンアメリカ1250スペシャル
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
メディア向け技術解説映像で走行テストの概要を語る、チーフエンジニアのアレックス・ボズモスキーさん。エボリューション、ツインカム」、ミルウォーキーエイトといった歴代のハーレーエンジンに携わってきたベテラン技術者です
パンアメリカ1250 パニア ハーレーダビッドソン
ユアン・マクレガーさん出演の番組に登場したライブワイヤーのカスタム車。アルゼンチンのウシュアイアからアメリカのロサンゼルスまで100日間で13ヵ国、1万3000マイル(約2万1000km)を走破しました
パンアメリカ1250 パニア ハーレーダビッドソン
パンアメリカ1250用の純正パニア&トップケースのひとつ「スポーツラゲッジシステム」。FRP製でオンロードメインのユーザー向け
パンアメリカ1250 パニア ハーレーダビッドソン
パンアメリカ1250用の純正パニア&トップケースのひとつ「アルミニウムラゲッジシステム」。オン・オフ両方楽しむユーザー向けで、頑丈さを重視
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
パンアメリカ1250用の純正アクセサリー「ソフトラゲッジシリーズ」。防水素材の布製で、ハードコアなオフロードユーザー向け。軽さや防水性・防塵性の高さが特徴です
映画『ターミネーター2』でシュワちゃんが乗っていたハーレーダビッドソンのモデル名はファットボーイ。写真はその最新型で排気量1868cc。リヤタイヤがとても太く(240/40)、まさに「ファット」!
パンアメリカ1250 ハーレーダビッドソン
パンアメリカ1250スペシャルに試乗する筆者
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 警察が押収した違法改造バイク「警察側で処分するのか、持ち主に返却するのか」
  2. 【ホンダ フォーサイト】実はマジェスティ対抗馬、ブームに乗れなかった悲しき「ビッグスクーター」
  3. 「今やハーレーのエンジンは2000cc級」2022年型なら最大排気量車に100万円安く乗れる!?
PAGE TOP