ホンダ GB350S試乗「違いは見た目だけじゃない!GB350に比べ、実際の走りもスポーティ」

GB350S ホンダ
ホンダ GB350S(2021年7月発売、価格は59万4000円)。エンジンはGB350と同じ、348ccの空冷単気筒
GB350S ホンダ
ホンダ GB350S(2021年7月発売、価格は59万4000円)。エンジンはGB350と同じ、348ccの空冷単気筒
GB350S 車体色 ホンダ
GB350Sの車体色はパールディープマッドグレー、ガンメタルブラックメタリックの2色が設定される
GB350S ホンダ
GB350Sはメッキパーツを控え、精悍な印象のデザインに仕上げられている
GB350S フォークブーツ ホンダ
GB350Sはフォークブーツが装備されるほか、フロントフェンダーはショートタイプで樹脂製のものに(スタンダードGB350はスチール製)
GB350 エンジン ホンダ
GB350Sのエンジン。最高出力20ps/5500rpm 最大トルク3.9kgm/3000rpmという数値はスタンダードGB350とまったく同じだが、独自のセッティングが施されている
GB350S メーター ホンダ
GB350Sのメーター。スタンダードGB350と同様で、シンプルな丸形スピードメーターと、右側に各種インジケーターライプという構成。メーター内の液晶にはギヤポジションや燃料計が表示される
GB350S サイドカバー ホンダ
GB350Sのサイドカバー。スタンダードGB350が丸みを帯びて張り出しがある形状なのに対し、GB350Sはスクエアなデザインで、張り出しも気持ち抑え気味となっている
GB350S ブレーキ ホンダ
GB350Sのフロントタイヤ。100/90-19というサイズはスタンダードGB350と同じ。フロント310mm/リヤ240mmディスク、前後ABSを備えたブレーキシステムもスタンダードGB350と同様
GB350S ホンダ
ホンダ GB350S
GB350 ホンダ
ホンダ GB350
GB350S マフラー ホンダ
GB350Sのマフラー。ヒートガードはメッキとなるが、エキゾーストパイプからサイレンサーまでつや消しブラック塗装となるほか、ややアップタイプとなる
GB350 マフラー ホンダ
スタンダードGB350のマフラー。エキゾーストパイプからサイレンサーまでメッキ仕上げ
GB350S シート ホンダ
GB350Sのシート。前席がグレー、後席がブラックのツートーンとなるほか、赤いステッチが施されている。形状もスタンダードGB350と異なるが、シート高数値は2車とも800mmで変わらず
GB350 シート ホンダ
GB350のシート。シート表皮は車体色問わずブラウン
GB350S ステップ ホンダ
GB350Sのシフトペダル&左ステップ。スタンダードGB350よりステップ位置は後ろ寄りになっている
GB350 ステップ ホンダ
スタンダードGB350のシフトペダル&左ステップ。シフトペダルはシーソー式
GB350S ハンドル ホンダ
GB350Sのハンドル
GB350 ハンドル ホンダ
スタンダードGB350のハンドル
GB350S ステップ ホンダ
GB350Sのブレーキペダル&右ステップ。ブレーキペダルもスポーティなデザインに
GB350 ステップ ホンダ
GB350Sのブレーキペダル&右ステップ
GB350S フェンダー ホンダ
GB350Sのリヤまわり。最新スポーツネイキッドのようなリヤフェンダーで、テールランプはシート後端に埋め込まれるように配置されている
GB350S テールランプ ホンダ
GB350Sのテールランプ&ウインカー。スタンダードGB350同様、灯火類はフルLED
GB350 フェンダー ホンダ
スタンダードGB350のリヤまわり
GB350S GB350 タイヤ ホンダ
左がGB350S、右がスタンダードGB350。GB350Sのホイール径は17インチとなるが、タイヤの「外径」は見た目にもほぼ変わらない
GB350S ホンダ 足着き
GB350Sのライディングポジション。ライダーの身長は170cm
GB350 ホンダ 足着き
スタンダードGB350のライディングポジション。ライダーの身長は170cm
GB350S ホンダ 足着き
GB350Sの足着き。ライダーの身長は170cm
GB350 ホンダ 足着き
スタンダードGB350の足着き。ライダーの身長は170cm
ホンダ GB350S
この画像の記事ページへ
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】