【試乗レポート】新型=3代目ホンダNC750X DCT「乗りやすいはつまらないじゃない、乗りやすいは楽しい!」

NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X
NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X
NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X。前後17インチホイールの足まわりや、前傾にマウントしたエンジンなど「低重心かつ足着きも良好」というメリットは最新型にも継承されている
NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X。フレームやエンジンの軽量化、外装類の刷新で車重は従来型から6kg軽量となった
NC750X DCT ホンダ エンジン
内部部品の刷新により軽量化・高出力化された745ccOHC4バルブの並列2気筒エンジン。最高出力58馬力/6750rpm、最大トルク7.0kgm/4750rpmの性能を発揮
NC750X DCT ホンダ エンジン
市街地や一般道での軽快さを重視しMT車では2〜4速、DCT車では1〜4速がローレシオ化されたほか、MT車にはアシストスリッパ−クラッチも採用された
NC750X DCT ホンダ ホイール
フロントブレーキはウェーブタイプの320mm径シングルディスク。タイヤサイズは120/70ZR17で、純正装着タイヤはダンロップD609Fか、ブリヂストンBW-501。ABSは前後標準装備
NC750X DCT ホンダ マフラー ホイール
リヤブレーキもウェーブタイプで、240mm径のシングルディスク。タイヤサイズは160/60ZR17で、純正装着タイヤはダンロップD609か、ブリヂストンBW-502
NC750X DCT ホンダ フレーム
新設計となったスチールパイプ製ダイヤモンドフレーム。部位に応じて様々な肉厚のパイプを組み合わせることで、フレーム単体で従来型比1.8kg軽量となっている
NC750X DCT ホンダ フレーム
新型=3代目NC750Xの車体構造。燃料タンクに該当する部分は収納スペースとなっており、本物の燃料タンクはシート下にある。エンジンは前傾してマウントされており、低重心化が追求されていることがわかる
NC750X DCT ホンダ メーター
メーターは中央にバーグラフ式回転計、速度計、ギヤポジションを表示。上部に燃料計や時計、下部にはオド、ツイントリップ、燃費、平均車速や走行時間などを表示できる
NC750X DCT ホンダ メーター
ライディングモード「スタンダード」。P=パワーレベルは「2」、EB=エンジンブレーキ制御は「2」、T=トルク制御は「2」。DCTの変速パターンは4レベル中穏やかめの「2」
NC750X DCT ホンダ メーター
ライディングモード「スポーツ」。P=パワーレベルは最大の「3」、EB=エンジンブレーキ制御も最大の「3」、T=トルク制御は最小の「1」。DCTの変速パターンは4レベル中最もスポーティな「4」
NC750X DCT ホンダ メーター
ライディングモード「レイン」。P=パワーレベルは最小の「1」、EB=エンジンブレーキ制御も最小の「1」、T=トルク制御は最大の「3」。DCTの変速パターンは4レベル中最も穏やかな「1」
NC750X DCT ホンダ メーター
ライディングモード「ユーザー」では各種パラメーターを任意に設定できる。写真は全てのパラメーターを最小の「1」にしたときのもの。DCTの変速パターンも4レベル中から選択可能
NC750X DCT ホンダ
NC750X DCTの右スイッチボックス。最新のホンダ車に多く採用されているキルスイッチ一体型スタータースイッチとDCTの操作スイッチがまとめられている
NC750X DCT ホンダ
NC750X DCTの左スイッチボックス。マニュアル変速をする+−スイッチや、メーターの表示の切り替えスイッチ、ライディングモードの切り替えスイッチがまとめられている。グリップヒーターは標準装備
NC750X DCT ホンダ ヘッドライト
上下2分割のデザインとなったLEDヘッドライト
NC750X DCT ホンダ テールライト
ヘッドライトだけでなく、テールライト&ブレーキランプ、ウインカーといった灯火類はオールLED
NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X
NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X
NC750X DCT ホンダ
新型=3代目ホンダNC750X
NC750X DCT ホンダ スクリーン
スクリーンも大きめで、十分な防風性能を発揮する
NC750X DCT ホンダ シート
シートは上面とサイドで異なる質感の表皮となったほか、右サイドには「NC750X」ロゴが入るようになった
NC750X DCT ホンダ 収納
「タンク部分」の収納スペースは容量23Lで、フルフェイスヘルメットを収納可能。標準装備となるETC2.0の機器も収納内に配置されている
NC750X DCT ホンダ 燃料タンク
燃料タンクはシート下にあり、容量は14L。給油口はリヤシート下に設けられている
初代ホンダNC750X(2014年登場)
初代ホンダNC750X(2016年登場)
この画像の記事ページへ
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】