【ドゥカティ スーパースポーツ950徹底解説】ドゥカティ伝統「SS」の最新モデルとは

スーパースポーツ950 ドゥカティ
2021年より発売される最新SSこと「スーパースポーツ950」シリーズ。2017年〜2020年型の熟成版と言える存在で、車名後半に数字が入るようになった
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティのスーパースポーツ950は、従来型同様に上級仕様の「S」とスタンダードの2グレードが展開される(写真は上級仕様の「S」)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(レッド)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(レッド)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(レッド)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(レッド)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(レッド)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(アークテック・ホワイト)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(アークテック・ホワイト)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950S(アークテック・ホワイト)
スーパースポーツ950 ドゥカティ
ドゥカティ スーパースポーツ950(レッド)
スーパースポーツ950 デイタイムランニングライト ドゥカティ
スーパースポーツ950シリーズのデイタイムランニングライト。明るい昼間走行時にはデイタイムランニングライトのみの点灯で走行できる
スーパースポーツ950 ドゥカティ
デイタイムランニングライト含め灯火類はフルLED。写真はヘッドライト点灯時。
スーパースポーツ950 ドゥカティ
「パニガーレ」シリーズのデザインを継承したスーパースポーツ950シリーズのヘッドライトまわり
スーパースポーツ950 ドゥカティ
フロントカウルからサイドカウル、またフロントカウルから燃料タンクへと続く「一体感」を重視したカウルデザインとなったスーパースポーツ950シリーズ
スーパースポーツ950 ドゥカティ
メーターパネル周囲から燃料タンクも同色のカウルで覆われ、コックピットビューは洗練された印象に
スーパースポーツ950 ドゥカティ
操作の確実性を高めたギヤボックス。アップ/ダウン両対応のクイックシフターはグレード問わず標準装備に
スーパースポーツ950 ドゥカティ
メーターは4.3インチのフルカラー液晶に。直感的に項目や操作メニューがわかりやすい表示となっている。クラッチは油圧式となり軽い操作感となった。
スーパースポーツ950 ドゥカティ
スクリーンは従来型同様、ハイ/ロー2段階に調整可能(ハイポジションはローポジションより50mmアップする)。
スーパースポーツ950 ドゥカティ
新形状のスリットにより、走行風を活用した排熱がスムーズとなったカウル
スーパースポーツ950 ドゥカティ
スーパースポーツ950Sのフロントサスペンションは、インナーチューブ径48mmのオーリンズ製フォーク(TiNコーティング仕上げ)でフルアジャスタブル
スーパースポーツ950 ドゥカティ
スーパースポーツ950Sのリヤサスペンションは、オーリンズ製のリザーバータンク一体型ショックユニットでフルアジャスタブル
シートはクッション素材を変更しつつ厚みを増すことで快適性を向上。表皮も変更されたほか、赤いステッチもあしらわれるようになった
スーパースポーツ950 ドゥカティ
スーパースポーツ950のフロントサスペンションは、インナーチューブ径43mmのマルゾッキ製フォークでフルアジャスタブル
スーパースポーツ950 ドゥカティ
スーパースポーツ950のリヤサスペンションはザックス製。調整機構は備えるがフルアジャスタブルではない
750SS ドゥカティ ベベル
SSシリーズの原点となる1973年型750SS。フレームは鋼管ダイヤモンドタイプで、ベベルギヤ+バーチカルカムシャフトでカムを駆動する空冷Lツインは最高出力73馬力を発揮した
900SS ドゥカティ
1989年型900SS(第2世代)。車名はベベル時代を引き継ぐものの、鋼管トレリスフレームに、パンタ系の発展型となる空油冷Lツイン(カム駆動はコグドベルト)を搭載する
SS1000DS ドゥカティ
2005年型SS1000DS(第3世代)。第2世代の基本を踏襲しながら、デザインの一新、電子制御燃料噴射の導入を行った。ツインプラグを採用した2003年以降のSS1000DSは最高出力95馬力に
スーパースポーツ 2017 ドゥカティ
2017年に復活したドゥカティ スーパースポーツ(第4世代)。エンジンは「テスタストレッタ11°」と呼ばれる937ccの水冷L型2気筒
この画像の記事ページへ
  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】