【速報】新型ヤマハMT-09 SP試乗「1日中コーナリングしていたいほど楽しいハンドリングマシン」

2021年型ヤマハ MT-09 SP。「SP」はKYB製フルアジャスタブルフォークとオーリンズ製リヤショックを装備した上級仕様
2021年型ヤマハ MT-09 SP。クルーズコントロール、専用デザインのシートが装備されるほか、YZF-R1Mイメージの専用カラーとなる
2021年モデルの新型MT-09(スタンダード・欧州仕様)。日本でも近々発売予定
MT-09 SPのヘッドライトユニット。中央はハイ/ロー一体機能の「バイファンクションLEDヘッドランプ」で、サイドのライン状LEDはポジションランプ
MT-09 SPの890cc水冷並列3気筒エンジン。仕様や性能はスタンダードと同様で、最高出力119ps/1万rpm 最大トルク9.5kgm/7000rpm
新設計のアルミダイキャスト製フレームは従来型に比べ2.3kg軽量となったほか、横方向の剛性を50%向上
新設計の軽量ホイールをスタンダード、SPともに採用(前後で従来型比700g軽量)。鋳造でありながら鍛造ホイールに匹敵する強度と靭性バランスを有している
インナーチューブ径41mmのKYB製倒立フォークは、摺動部にDLCコーティングが施され、スムーズな作動を実現。高速・低速のコンプレッション調整も可能
オーリンズ製リヤショックはフルアジャスタブルで、簡単に操作できるリモートプリロードアジャスターが付き
6軸IMUの情報をトラクションコントロール、スライドコントロール、ウイリーコントロール、ABSにフィードバック。ABS以外はカットも可能
新型MT-09 SPに試乗する筆者、アダム・チャイルド
新型MT-09 SPと筆者アダム・チャイルド
新型MT-09 SPに試乗する筆者、アダム・チャイルド
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. トライアンフ スピードトリプル1200RR徹底解説「レトロなカフェスタイルでも、最新スポーツとタメを張れる性能!」
  2. 「茨城ダッシュは違反」と茨城県警も警告! 危ない「地元走り」やってませんか?
  3. ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【車体編】「開発者自身がグロムでレースをしてきた経験を注入!」
PAGE TOP