【GB350試乗・車体編】抜群の「安定ハンドリング」を作り出す前輪19インチ&しなやか鋼管フレーム

GB350 ホンダ
新時代の空冷単気筒マシンとして登場したホンダ GB350
GB350 ホンダ
ホンダ GB350(価格は55万円)
GB350 ホンダ
ホンダ GB350。フロントホイールは19インチ
GB350 ホンダ
ホンダ GB350。リヤホイールは18インチ
GB350 フレーム ホンダ
GB350の鋼管セミダブルクレードルフレーム
GB350 スイングアーム ホンダ
スイングアームには剛性の高い角断面鋼管を採用
GB350 フレーム ホンダ
GB350のエンジン搭載位置
GB350 足着き ホンダ
身長170cm・体重78kg・股下86cmのライダーの足着き性
GB350 ライディングポジション ホンダ
身長170cm・体重78kg・股下86cmのライダーのライディングポジション
GB350 ヘッドライト ウインカー ホンダ
灯火類(ヘッドライト、テールライト、ブレーキランプ、ウインカー)はすべてLEDを採用
GB350 センタースタンド ホンダ
近年のモデルでは珍しく、GB350はセンタースタンドを標準装備
GB350 グラブバー 荷掛けフック ホンダ
しっかりとした形状のグラブバーを装備。グラブバーには荷掛けフックが設けられているほか、ヘルメットホルダーも標準装備
GB350 シート ホンダ
GB350のシート。シート高は800mm
GB350 燃料タンク ホンダ
燃料タンク容量は15L。なお、カタログ表記の燃費は41km/L(WMTCモード値)なので、推定航続距離は600km近くとなる
GB350 シート ホンダ
シート下にはちょっとした小物の入るスペースがある。車載工具はシート裏に装備される
GB350 フロントタイヤ ホンダ
フロントタイヤのサイズは100/90-19。正立のフロントフォークはインナーチューブ径41mm
GB350 リヤタイヤ ホンダ
リヤタイヤのサイズは130/70-18。リヤサスペンションはオーソドックスなツインショックで、前後ともサスペンションのストローク量は120mm
GB350 ホンダ
ホンダ GB350(マットジーンズブルーメタリック)
GB350 ホンダ
ホンダ GB350(マットジーンズブルーメタリック)
GB350 ホンダ
ホンダ GB350(マットパールモリオンブラック)
GB350 オプションパーツ ホンダ
サドルバッグはタフで軽量なバリスティックナイロン製で、防水インナーバッグも付属。装着にはサドルバッグステーが必要
GB350 オプションパーツ ホンダ
純正アクセサリーを装着したGB350。シートバッグはホンダ車共通アクセサリー
この画像の記事ページへ
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】