ホンダPCXはバイクで唯一ガソリン、HV、EVと動力源が選択可能!各車のメリット・デメリットは?

ホンダ PCX e:HEV(44万8800円・パールジャスミンホワイト)
PCX e:HEVのシート下収納。容量は24Lで、収納後部にはハイブリッド用システムが搭載される
ホンダ PCX ELECTRIC・パールグレアホワイト。法人企業・個人事業主・官公庁に限定したリース専用車となる
最高出力4.2kW=5.7馬力、定格出力0.98kW=1.3馬力のモーターを搭載するPCX ELECTRIC
PCX ELECTRICはシート下に着脱可能な「モバイルパワーパック」と呼ばれるバッテリーを2個搭載する
ホンダPCX 160(40万7000円・マットディムグレーメタリック)
ホンダPCX 160(40万7000円・キャンディラスターレッド)
ホンダPCX 160(40万7000円・パールジャスミンホワイト)
ホンダPCX 160(40万7000円・ポセイドンブラックメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・マットディムグレーメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・ポセイドンブラックメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・マットコスモシルバーメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・キャンディラスターレッド)
ホンダPCX(35万7500円・パールジャスミンホワイト)
4バルブ化による出力向上、環境性能の改善が行われた4代目PCX用の新エンジン
PCX、PCX 160のシート下収納。従来型より容量は2L拡大され30Lに
この画像の記事ページへ
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】