ホンダPCXはバイクで唯一ガソリン、HV、EVと動力源が選択可能!各車のメリット・デメリットは?

ホンダ PCX e:HEV(44万8800円・パールジャスミンホワイト)
PCX e:HEVのシート下収納。容量は24Lで、収納後部にはハイブリッド用システムが搭載される
ホンダ PCX ELECTRIC・パールグレアホワイト。法人企業・個人事業主・官公庁に限定したリース専用車となる
最高出力4.2kW=5.7馬力、定格出力0.98kW=1.3馬力のモーターを搭載するPCX ELECTRIC
PCX ELECTRICはシート下に着脱可能な「モバイルパワーパック」と呼ばれるバッテリーを2個搭載する
ホンダPCX 160(40万7000円・マットディムグレーメタリック)
ホンダPCX 160(40万7000円・キャンディラスターレッド)
ホンダPCX 160(40万7000円・パールジャスミンホワイト)
ホンダPCX 160(40万7000円・ポセイドンブラックメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・マットディムグレーメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・ポセイドンブラックメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・マットコスモシルバーメタリック)
ホンダPCX(35万7500円・キャンディラスターレッド)
ホンダPCX(35万7500円・パールジャスミンホワイト)
4バルブ化による出力向上、環境性能の改善が行われた4代目PCX用の新エンジン
PCX、PCX 160のシート下収納。従来型より容量は2L拡大され30Lに
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 警察が押収した違法改造バイク「警察側で処分するのか、持ち主に返却するのか」
  2. 【ホンダ フォーサイト】実はマジェスティ対抗馬、ブームに乗れなかった悲しき「ビッグスクーター」
  3. 「今やハーレーのエンジンは2000cc級」2022年型なら最大排気量車に100万円安く乗れる!?
PAGE TOP