【ホンダ GB350徹底解説】新時代の空冷シングルは55万円で4月22日発売

GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)
GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)
GB350 エンジン
348ccの空冷単気筒エンジンは最高出力は20馬力/5500回転、最大トルクは3.0kgm/3000回転という性能
GB350 エンジン
近年のバイクとしては珍しいシーソー式シフトペダルを採用
GB350 フロントタイヤ ブレーキ
フロントホイールは19インチで、タイヤサイズは100/90-19
GB350 マフラー リヤタイヤ
リヤホイールは18インチで、タイヤサイズは130/70-18
GB350 リヤサスペンション
リヤサスペンション取付部には昨今のバイクにしては珍しく荷掛けフックが!
GB350 タンク
燃料タンク容量は15L。WMTCモード値の燃費は41km/Lなので、500km以上の航続距離を見込めそう
GB350 ホンダ
サイドカバーは車体色同色。全体のシックなデザインに対し、割とポップな書体で「GB350」と車名が描かれる
GB350 シート
前後に長さのあるシート。車体色問わず、シート表皮はブラウンとなる
GB350 ヘッドライト
ヘッドライトはオーソドックスな丸型。LEDを採用し、外周もリング状に輝く
GB350 メーター
メーターはアナログ式速度計に小型液晶モニターを組み合わせた丸型1眼で、クラシックなデザインにマッチ
GB350 テールランプ
テールライト&ブレーキランプ、前後ウインカーもLED
GB350 スイッチボックス
右スイッチボックス。セルスイッチはキルスイッチ一体型、ハザードスイッチも装備される
GB350 スイッチボックス
左スイッチボックス。ホーン、ウインカー、ヘッドライトのハイ/ロー切り替えが並ぶオーソドックスな構成
GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)。センタースタンドは標準装備
GB350 ホンダ
ホンダGB350(キャンディークロモスフィアレッド)
GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットパールモリオンブラック)
GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)。センタースタンドは標準装備
GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)。前後フロントフェンダーはスチール製。車体色問わず、マットブラック仕上げとなる
GB350 ホンダ
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)。前後フロントフェンダーはスチール製。車体色問わず、マットブラック仕上げとなる
GB350S
ホンダGB350S(パールディープマッドグレー)
GB350S
ホンダGB350S(ガンメタルブラックメタリック)
GB350 足着き
GB350の足着き性。ライダーは身長170cm、体重59kgで、両足ではカカトがそこそこ浮く
GB350 足着き
GB350のライディングポジションは上体の立ったリラックスしたもの。ライダーは身長170cm、体重59kgで、片足停車では足の裏ほぼ全面が接地
GB350
ホンダGB350(マットジーンズブルーメタリック)
ハイネスCB350 ホンダ
インドで販売される「ハイネスCB350」。前後フェンダーはメッキ仕上げ
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. STRIKERからアルミ削り出しリアスタンドフックセットとオイルフィラーキャップが登場!「ドレスアップだけでなく実用性も向上」
  2. 流転の車名ホンダ「インテグラ」ヒストリー 二輪→四輪→二輪→四輪で2022年に三度目の復活!
  3. 燃料が11種類もあるタイのガソリンスタンド事情とは 「ベンジン、ガソホール、E85って何だ?」
PAGE TOP