自己修復塗装って何だ?クルマだけでなく、バイクにも採用されはじめた「夢の塗装方法」

H2カーボン ハイリーデュラブルペイント
2019年モデルより傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」を採用したカワサキ ニンジャH2カーボン
H2カーボン ハイリーデュラブルペイント
ニンジャH2カーボンの傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」が採用された部分
H2カーボン ハイリーデュラブルペイント
2019年モデルのニンジャH2カーボン。最新モデルのニンジャH2カーボンでも「ハイリーデュラブルペイント」は継続採用
H2 SX SE ハイリーデュラブルペイント
ニンジャH2 SX SEの傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」が採用された部分
H2 SX SE ハイリーデュラブルペイント
2019年モデルのニンジャH2 SX SE。最新モデルのニンジャH2 SX SEやニンジャH2 SX SE+でも「ハイリーデュラブルペイント」は継続採用
ハイリーデュラブルペイント カワサキ
カワサキの「ハイリーデュラブルペイント」(左)と一般的な塗装のサンプル(右)。両方をワイヤーブラシでこすって5分後の様子
ハイリーデュラブルペイント カワサキ
ワイヤーブラシで傷をつけてから12時間後。左側の「ハイリーデュラブルペイント」では筋状の傷が薄くなっている(右側は一般的な塗装)
ハイリーデュラブルペイント カワサキ
傷をつけてから12時間経過した後、温めたときの状態。左側の「ハイリーデュラブルペイント」は目で見てわかる傷がほぼ消えている(右側は一般的な塗装)
ヴェルシス1000SE ハイリーデュラブルペイント
ヴェルシス1000SEの傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」が採用された部分
ヴェルシス1000SE ハイリーデュラブルペイント
2019年モデルのヴェルシス1000SE。最新モデルのヴェルシス1000SEでも「ハイリーデュラブルペイント」は継続採用
ZX-10RSE ハイリーデュラブルペイント
ニンジャZX-10R SEの傷を自己修復する「ハイリーデュラブルペイント」が採用された部分
ZX-10RSE ハイリーデュラブルペイント
2019年モデルのニンジャZX-10R SE。最新モデルのニンジャZX-10R SEでも「ハイリーデュラブルペイント」は継続採用
日産 スクラッチガードコート エクストレイル
「世界で初めて傷を自己修復する塗料を採用した車」として2005年に発売された日産エクストレイルの特別仕様車
日産 スクラッチガードコート
日産の「スクラッチガードコート」採用車両の塗装表面に傷がついた直後の様子と、傷部分のアップ
日産 スクラッチガードコート
傷がついた「スクラッチガードコート」の自己修復が進んだときの様子と、傷部分のアップ
日産 スクラッチガードコート
日産の「スクラッチガード」を連続50回洗車機にかけたときの表面のアップ
日産 スクラッチガードコート
一般的な塗装で連続50回洗車機にかけたときの表面のアップ
日産 スクラッチガードコート
日産の「スクラッチガードコート」の仕組み
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 国際A級ライダー鈴木大五郎氏のBKライディングスクールに参加「ベテランほどプロによるフォームチェックが染みる!」
  2. 岩城滉一さんのカスタムを手掛けた隠れ家的ハーレーショップ「鉄馬舎」とは
  3. ラフアンドロード創業当時の懐かしロゴ!吸汗・速乾素材の「ラフ ロコ ドライT/ラフ パームツリー ドライT」を発売
PAGE TOP