新型CRF250L&CRF250ラリー試乗【エンジン編】「ラリーは250ccクラス最強ツーリングバイクの筆頭候補」

CRF250ラリー 2021
フルモデルチェンジし2代目となったCRF250ラリー。写真はロングストロークサスペンション仕様のCRF250ラリー<S>
CRF250ラリー 2021
ABSが標準装備となった2代目CRF250ラリー。写真はロングストロークサスペンション仕様<S>だが、スタンダードと価格は同一で74万1400円
初代 CRF250ラリー 2017
2017年に初登場した初代CRF250ラリー(最高出力24馬力・車重はABS無しが155kg、ABS仕様で157kg)。ローダウン仕様も設定された
CRF250ラリー ヘッドライト
CRF250ラリーのLEDヘッドライト(従来型と同様)
CRF250ラリー メーター
CRF250L同様、CRF250ラリーもギヤポジションが表示されるようになった新設計メーターを搭載
CRF250ラリー ハンドル
CRF250ラリーには、快適性向上のためハンドルウエイトを新採用
CRF250ラリー<S> フロントフェーク
CRF250ラリー<S>のフロントフォーク。インナーチューブ径は43mmで、ストロークは260mm。従来型CRF250ラリースタンダード比でストローク量は10mmの延長となっている。
CRF250ラリー<S> リヤサスペンション
CRF250ラリー<S>のリヤサスペンションのストローク量は260mm。従来型CRF250ラリースタンダード比で5mm短縮されているが、シート高は従来型スタンダードより10mm低くなっている
CRF250ラリー ステップ
CRF250ラリーでは快適性向上のためステップラバーが新採用となった
CRF250L エンジン
DOHC4バルブの水冷単気筒エンジンは最高出力24馬力/9000rpm、最大トルク2.3kgm/6500rpmの性能を発揮(CRF250L、CRF250ラリーとも同性能)
CRF250L エンジン
従来型に対しギヤ比は1〜5速をローギヤード化、6速をハイギヤード化。「アシストスリッパークラッチ」も新採用された
CRF250L エンジン
インテークカムシャフト(バルブタイミング)の変更で低〜中回転域の出力を強化。エアクリーナーボックス、エキゾーストパイプ、マフラーも新設計に
CRF250L CRF250ラリー 出力特性
従来型CRF250シリーズに比べ、全域で出力・トルクの向上が図られている
CRF250ラリー タンク
CRF250ラリーの燃料タンクは、従来型から2L増量され12L容量に
CRF250L タンク
CRF250L<S>の車体中央部。燃料タンクは従来型同様で、7.8L容量
CRF250ラリー<S> 足着き
CRF250ラリー<S>(シート高885mm)の足着き。モデルは身長170cm、体重58kg
CRF250ラリー<S> 足着き
CRF250ラリー<S>(シート高885mm)のライディングポジション。モデルは身長170cm、体重58kg
CRF250ラリー 足着き
CRF250ラリー(シート高830mm)の足着き。モデルは身長170cm、体重58kg
CRF250ラリー 足着き
CRF250ラリー(シート高830mm)のライディングポジション。モデルは身長170cm、体重58kg
CRF250ラリー シート
快適性を重視し、座面を広くとったCRF250ラリーのシート。シート高は<S>が885mm、スタンダードが830mm
CRF250L シート
CRF250Lのシート。シート高は<S>が885mm、スタンダードが830mm
CRF250ラリー オプション
38L容量のトップケース、リヤキャリヤ、ラリーステップなど純正オプションパーツを装備したCRF250ラリー
CRF250L オプション
35L容量のトップケース、リヤキャリヤ、ナックルガード、スキッドプレート、ラリーステップなど純正オプションパーツを装備したCRF250L
CRF250L <S>
オフロードの走破性が高められた2代目CRF250L<S>
CRF250ラリー <S>
高速巡航性や快適性が高められた2代目CRF250ラリー<S>
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. トライアンフ スピードトリプル1200RR徹底解説「レトロなカフェスタイルでも、最新スポーツとタメを張れる性能!」
  2. 「茨城ダッシュは違反」と茨城県警も警告! 危ない「地元走り」やってませんか?
  3. ホンダ 3代目グロム開発者インタビュー【車体編】「開発者自身がグロムでレースをしてきた経験を注入!」
PAGE TOP