【詳報】万能スクーター、ホンダ・PCXシリーズが全面刷新!! 完全新設計のエンジン&フレームを採用して2021年1月28日発売

ホンダ・PCX(ポセイドンブラックメタリック)
ホンダ・PCX(マットディムグレーメタリック)
ホンダ・PCX(マットコスモシルバーメタリック)
ホンダ・PCX(キャンディラスターレッド)
ホンダ・PCX(パールジャスミンホワイト)
ホンダ・PCX160(ポセイドンブラックメタリック)
ホンダ・PCX160(マットディムグレーメタリック)
ホンダ・PCX160(キャンディラスターレッド)
ホンダ・PCX160(パールジャスミンホワイト)
ホンダ・PCX e:HEV(パールジャスミンホワイト)
PCXらしさを残しながら、さらにスタイリッシュになったフロントまわりの造形
リヤのテールランプ周辺も、ひと目でPCXとわかる造形となっている
新開発となる水冷4ストロークOHC単気筒エンジン「eSP+」
動弁系が4バルブへと進化し、吸排気ともに効率が向上した。油圧式のカムチェーンテンショナーを採用しており、静粛性やフリクション低減も実現している。
従来型よりもショートストローク化(先代PCX:52.4×57.9 → 新型PCX:53.5×55.5)することで摺動抵抗が低減し、圧縮比が高められているクランクまわり
出力特性イメージ。旧型よりもスムーズなパワーカーブを描いているのがわかる。
新型PCXシリーズに採用されるスマートキー。
PCXのメインスイッチノブと、シートやフューエルリッドを開閉するシーソー式スイッチ。
左側にはペットボトルも入る収納スペースが設けられている。
新型PCX/PCX160のラゲッジスペースは容量30リットルを誇る。
ハイブリッドモデルのPCX e:HEVも24Lに拡大されており、積載性と利便性が向上している
新旧PCXのフレーム比較。新型のフレームはフレーム形状やガセット位置の最適化が行われ、よりすっきりとした印象をうける。主要なフレーム径は太く変更されているのが見て取れる。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. エレクトラグライドリバイバル ハーレーダビッドソン

おすすめ記事

  1. ホンダを代表するスーパーカブとシビックで比較「時代と共に大きくなるサイズ、二輪・四輪でどう違う?」
  2. 第一弾は「初の電気始動」エレクトラグライド!ハーレーが名車復刻シリーズを展開 エレクトラグライドリバイバル ハーレーダビッドソン
  3. ホンダ・CBX400Fも“アラフォー”ですって! 歴史に残る今年で登場40周年のバイク4選【2021年で“○○周年”のモデルたち】
PAGE TOP