【メグロ戦後ヒストリア】大ヒット250「ジュニア」や高性能車「スタミナ」「セニア」を送り出すも、なぜ60年代カワサキ傘下となってしまったのか?

戦前のZ97、Z98をベースとして戦後に生産されたメグロZ。エンジンは500ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は13馬力
1950年に登場したメグロ ジュニア(J型)。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は7馬力
1953年に登場したメグロ・ジュニアJ3。エンジンは288ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は7馬力
1954年登場のメグロ・ジュニアS2。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は10馬力
1956年登場のメグロ・ジュニアS3。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は10馬力
1959年登場のメグロ・ジュニアS5。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は11.5馬力
1960年登場のメグロ・ジュニアS7。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力11.7馬力
1963年に登場したジュニアS型の最終モデル、メグロ・ジュニアS8。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は12.5馬力
1965年に登場したカワサキ250メグロSG。エンジンは250ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は17.5馬力
1956年に登場したメグロ・スタミナZ7。エンジンは500ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力23馬力
1955年に登場したメグロ・セニアT1。エンジンは650ccの空冷4サイクルOHV並列2気筒で、最高出力は29.5馬力
メグロ初の量産並列2気筒となったセニアT1のエンジン。白バイ需要を見込み、650ccという排気量は当時の国内メーカー最大級を誇った
1960年に登場したメグロ・スタミナK。エンジンは500ccの空冷4サイクルOHV並列2気筒で、最高出力は33馬力を発揮
1965年に登場したカワサキ500メグロK2。エンジンはスタミナKと変わらず500cc空冷OHV並列2気筒だが、最高出力は3馬力向上し36馬力に
1953年に登場したメグロ・レックスY。エンジンは350ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は13馬力
1957年に登場したレジナEの改良型、メグロ・レジナE2。エンジンは125ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は5.2馬力
1958年に登場したメグロE3。エンジンは125ccの空冷OHC単気筒で、最高出力は7.4馬力
1960年に登場したメグロ・キャデットCA。エンジンは125ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は7.5馬力
キャデットをベースとした受注生産車、メグロ・キャデットスポーツCAS。エンジンは125ccの空冷4サイクルOHV単気筒で、最高出力は8馬力
1960年に登場した50ccのメグロ・アミカMA。エンジンは空冷2サイクル単気筒で、最高出力は4.2馬力
100台の量産試作だけで終わったメグロ・アミカスポーツMAS。エンジンは空冷2サイクル単気筒で、最高出力は4.5馬力
在りし日の目黒製作所・横浜工場での組立ラインの様子。横浜工場で最後に作られたモデルは500台の白バイ「スタミナKP」となった
2021年2月に発売されるカワサキ・メグロK3。エンジンは773ccの空冷4サイクルOHC並列2気筒で、最高出力は52馬力
2021年2月に発売されるカワサキ・メグロK3。エンジンは773ccの空冷4サイクルOHC並列2気筒で、最高出力は52馬力
カワサキ・メグロK3のタンク。メッキではなく、銀鏡塗装が施されている
カワサキ・メグロK3のエンブレム
この画像の記事ページへ
  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

  1. 「高速道路の非常電話」スマホ普及率99%なのに設置の意味ある? ただの電話機じゃなかった!! びっくり機能を知る
  2. 【プロカメラマン】が大量画像で記録!「腐ったKLX125のチェーンガイドを、回転するよう加工しながらのパーツ交換」
  3. 日本レース写真家協会(JRPA)が報道写真展「COMPETITION」を東京と大阪で開催
PAGE TOP